FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


狩猟免許

「山賊ダイアリー」と云う漫画のおかげで、狩猟免許を取ることが人気なんだとか。

職場に狩猟免許を持っているイケメンがいて、簡単に取れそうな話だったので受けてみることにしました。それに彼のように、ハンターになればガールハントもうまくなるかもしれないし(* ̄∇ ̄)ノ(←はい、彼はイケメンだからガールハントが得意なんですよね、分かってます(ToT))

で、毎年東京都では三回試験があり、昨年は三回目の試験を受けようとしたところ受験者がいっぱいで受けられませんでした。なんでも最終試験は人気ですぐに締め切られてしまうとか。

そこで今年は書類を揃え、一回目の試験をすぐに申し込みました。

ちなみに今年度の一回目の試験は6月1日から受付で土日を除くと3日目で締め切られ、二回目の試験は当日の夕方で締め切られ、三回目の試験は当日の受付開始から1時間45分後(10時45分)で締め切られてしまいました(しかも受付は平日しかできないのに)。

だっだっだっだっ(←ラップ調で)大人気じゃーん((((;゜Д゜)))


これではほとんどのシトは試験を受けることさえできないなぁ。

ぼくは立川の合同庁舎で受付を済ませました。

ちなみに実技試験は午後からで受付順に終わるので、早く申し込んだ方が良いでしょう(締め切られてしまうことも多いですし)。

2日目に申し込んだぼくの番号は明らかに後ろで、試験が終了した時は17時を回っていました(初日にホームページを見たら「間もなく締め切ります」とありましたが、その時点でまだ診断書が無かったので(翌日の土曜日に診断書を発行してもらった)申し込めませんでした)。

そうそう猟友会の行う講習は受けましょう。受けないと実技試験に合格することは難しい。さらに講習会で教えていたおっさんたちは、試験官でもあります。ま、都の職員では狩猟免許の実技の合否判定はできないでしょうから。試験官が教えるんだから、教えられたとおりにできれば試験は受かるでしょう。

揃える書類ですが、医師の診断書が必要です。安易に考えていました。「狩猟免許の試験を受けるので、精神病ではない、薬物中毒でないと云う証明書が必要なのですが、診断書を発行してもらえませんか」と精神科の病院に電話で問い合わせすると、ほとんどの病院で断られました。

その理由は、「うちではやったことがないのでできません」が一番多く、「うちで診療を受けたことはありますか?」との質問に「ありません」と答えると「それでは発行できません」と云うのが次に多く(いや、精神疾患があれば狩猟免許は受けられないんですけど…(* ̄∇ ̄))、他には「うちには覚醒剤使用確認キットがありません」と云うのや、中には「何回か通院していただき、その後発行できるかどうか判定して…」なんてのもありました。いや、何回も通っていたら申し込みに間に合わなくなっちゃうんですけれど… (^_^;)

で、20軒目でようやく診断書を書いてもらえるところがあり、診断書を取得することができました。狩猟免許を持っているイケメンによると「銃砲店で紹介された病院だと簡単に書いてもらえた」そうです。何故このような状況かインターネットで調べてみると「猟銃を持ったやつが犯罪を起こしたら診断書を書いた医師が責任を追及されかねないから」医者は嫌がるのだそうです。

そうそう、看護師さんがぼくの着ていたTシャツを見て、「カイ・シデンかな」と呟いたので、「あっ、ヲタクですか? お仲間ですか?」と確認し、「あっ、こんなところにセイラさんがいる! セイラさんにそっくりですね~( 〃▽〃)」って言ったら「髪型だけね(ー_ー;)」と自傷気味に答えてくれました。その後何故か血圧も測定され、異常に高い値が出ました。「セイラさんを目の前にして、ドキドキしちゃったからかなぁ」ってリップサービスをしておきました。


講習会ですが、試験会場と同じところで行われます。また、必ず試験を申し込んでから講習会を申し込みましょう。先程書いたとおり、試験の申し込みが難関です。試験を申し込んだと言えば講習会は申し込めると猟友会の方が言っていました。講習会は朝9時半集合と云うことで9時頃綾瀬駅に到着したのですが、同封された地図が分かりにくい。そこで歩いているおにーちゃんに道を尋ねたところ、「分かりません」と言われ、地図を見せると「あ、向こうですね」と言われてその方向に歩いていくと携帯電話のナビの時間が延びていることに気がつきました。

ん? おかしい…

再び歩いているシトに「地元の方ですか? 道を教えていただきたいのですが…」と話しかけると二人から断られ、作戦を変えて、おねーさんに「ナンパです」と嘘を言って声を掛け、「道を教えてください、あめ玉あげるから」と言って地図を見せたところ「あ、反対方向に向かってますよ。そこは駅の向こうです。私もそちらに行くので駅まで一緒に行きましょう」と言ってもらって、駅まで一緒に歩き、おねーさんとは再会を誓って別れました。えっ、ラインIDの交換でもすれば良かった? 残念ながらラインはやってないんですよ~┐('~`;)┌ どうやって再会すればいいのかなぁ(^_^;)

彼女は生まれも育ちも綾瀬で、自然豊かなところに住みたいけれど、仕方なく両親と綾瀬に住んでいるそうです。未婚。彼氏なし。気さくで可愛い子でした。

それにしても道を尋ねて嘘を教えるやつには初めて出会ったぞ! 恐るべし、綾瀬っ!

10分遅れで会場に入ると満席。

仕方がないので一番後ろのパイプ椅子に腰かけて受けようとしたところ、猟友会の方が机を出してくれました。

ざっと見渡して200人弱いるのではないか。

学科についての講習はあまり役に立ちません。中には「まともな講習をしてくれ」と思ってしまう講師(?)もいました。役に立たないと思ったのか、途中から寝ているやつもいました。

女性は数%と云ったところでしょうか。彼氏(旦那)と一緒、って感じの方ばかりです。

ぼくは第1種とわな猟を受けました(試験は他に「2種(空気銃のみ)」と網猟があります)。人数が多いので、第1種の実技講習がシトトオリ終わったのは19時過ぎ。ほぼ最後でした。その後、わな・網猟の講習も希望したシトはそれから別室に行かされ、猟友会のおっさんが「この会場は8時までしか借りられないから」と言ってすごく雑な説明を駆け足でやりました。

こんなんで五千円?((((;゜Д゜)))(講習代は一万円、他にも受講する場合、一科目増えるごとにプラス5000円) 30分、質問もほぼ受け付ける余裕無しだぜ?

しかしながら、受けておかないと合格は難しいでしょう。講習会と試験では全く同じ猟具が使われ、それしか出ませんから。

わなと網の両方を受けるとしても、講習はどちらか一方を申し込めば十分です。受講者が多過ぎて時間を圧迫し、どうせ一ヶ所に集められて一緒にやってしまいますから。

わなの講習の時にたまたま隣に座ったおねーさんと話をしました。しかしながら講習が終わったのは19時40分を回っており、翌日は仕事なのでなんのドラマもなかったのですが、さっさと帰ることにしました。綾瀬、遠い~(´д`|||)

狩猟免許を持っているやつは「出るところを教えてくれるから、講習会に出れば受かりますよ」って言っていましたが、こりゃ、勉強しないと合格は難しいでしょう。

それから五日間、通勤時間を利用して勉強しました。試験前日の土曜日は問題集をやりました。



試験当日、先週と同じように綾瀬駅には9時頃到着し、今度は間違えずに5分程で勤労会館に到着すると受付は9時半からで、みんなロビーで待ってました。仕方がないのではじの方で立って勉強していると先週罠猟講習で横に座ったおねーさんが近寄って話し掛けてきました。シトリは不安なんでしょうか。

ま、講習会受けたら試験も受けるだろうから、再会も当たり前か。

午前中は学科の試験。立川支所で受付をした者は別室でやります(大島で申し込みをした者も一緒でした)。

共通問題は24問。そしてそれぞれの受ける種類によってさらに6問ごとの選択問題があります。


待ち時間にロビーでまたおねーさんと再会し、控え室では隣同士に座りました。

う~ん、勉強したいのに…



11時15分学科の合格発表。おねーさんはすぐに見に行き、戻って来たと思ったら「写真を撮る」と言ってスマホを取り出して再び行きました。

さすがに学科は落ちた気がしなかったのでそろそろシトがいなくなった頃に確認し、一種の受験生はおよそ125人、落ちた者は4人(落ちた者の受験番号にはふせん紙が貼られるので一目瞭然)だと分かりました。大体学科の合格率は97%です。

それから長い待ち時間が始まりました。早く終わったおっちゃんが前の席に座っているおっちゃんに話しかけに来て「タヌキが二回出た」と言ってました。ん? タヌキが二回? 何かと間違えたんじゃないか? いや、タヌキに似たやつが出たのでしょう。「読本」のイラストを見直すことにしました。

おねーさんは真ん中くらいだったので間もなく呼ばれ「じゃあね」と言って先に控え室を出て行きました。

試験内容については特に何もありません。講習会で教わったとおりにすれば良いだけです。

ぼくの前のにーちゃんは銃口管理がなってなく、合格はおぼつかないのではないか。もしも狩猟免許を受ける方は、銃口と安全管理には気を付ける心掛けを忘れずに。

獣の判別には写真が使われますから、読本だけでなくインターネットで写真を見ておいた方が良いでしょう。1種でも罠猟でも獣の判別はあります。わなは獣の判別のみでした。

多少のヘマをしてしまいました。銃の組み立てで銃身を上下逆さに付けようとしてはまらず、試験官から「そんなんじゃ永久に付かないよ」と言われたり、わなは「これはなんと言うわなですか」の問いに「箱わなです」としか答えられなかったり(金属製なんたら、と答えるらしい)、わなの獣の時の判別図でも写真だと分かりにくく、たぬきとハクビシンとアライグマとアナグマの区別がよくわかりませんでした(非狩猟獣が混じっていたかもしれません)。こんなことでは、先程のタヌキが二回出たと言っていたおっちゃんや、銃口管理がなっていないにーちゃんの心配をするどころではありませんね。


やっと試験が終わり急いで綾瀬駅に着いたところちょうど発車する電車に飛び乗ることができて空いている席に座って携帯電話の電源を入れると突然足を叩かれたので顔を上げたら、試験会場で一緒だったおねーさんでした。

「ま、まさかぼくのことを二時間も待っていたんですか~?」
「私が先に乗っていたのにそんなわけないでしょっ!」
と叱られてしまいましたが、そのまま大手町まで一緒に帰りました。

「フェイスブックやってる?」
「やってません」
「ツイッターは?」
「やってません。ラインもしてません。あ、携帯電話の番号を交換しますか~」と言うと
「携帯電話の番号を教えるのは嫌」と言われてしまいました。
「いやいやいや、ぼくのことを二時間も待っていたのに?」
「だから、待ってないって!」

彼女は大手町で東西線に乗り換えるために降りて行きました。


と云うことで、なんのドラマもなく狩猟免許の試験は終わりました。このお姉さんは警察署で行われる「初心者講習」はもう終えているそうなので、二度と会うことはないでしょう。


発表は8月13日。


さてさて、どうなることやら。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://sannjyakubou.blog13.fc2.com/tb.php/1237-2be22174
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |