FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


3月31日は、浅草に行ってきました。

花川戸(履物問屋街)で下駄を買うため、と云うのがありました。

松屋銀座浅草店で友の会の会費を払い、いつものところで下駄を注文しました。

ぼくがいつも買っているのは、黒塗りの小町、鼻緒は髑髏です。

問屋だと多くの鼻緒の中から好きなものを選べ、下駄の種類も豊富で楽しい。

ランボルギーニのディーラーに行った時は下駄の木屑が絨毯に付いてしまい、散々謝りました。ランボルギーニのディーラーに、下駄で行く人間はいないのかもしれません。

問屋なのに鼻緒が高くて8,000円(税別)。ま、ジョイフル本田で実演販売していた下駄屋が13,000円(右近)でしたから、ここ数年で値上がりしたのでしょう。

隅田川を歩き、久しぶりに土手の伊勢屋に行くことにしました。

吉原を抜けて行ったのですが、お店の前にスーツ姿の男性が立っていて、目の前を通り過ぎたタクシーがそこで停まるとタクシーの中からおにいさんが満面の笑顔で降りて意気揚々とお店の中に入っていきました。

フッ( ̄∇ ̄*)

おにいさん、頑張って❤️


お昼に到着。お花見客が流れて来たからでしょうか。かつてない行列です。ここまで来て他の店にまた歩いて行くのは面倒なので、並びました。隣の中江(馬肉料理)も混んでいるようですし、ここでさくら鍋を食べるなら森下のみの家に行きます。

並んでから着丼するまで、2時間20分。

やはり揚げ過ぎの普通の天ぷらです。

店構えはかっこいいのですが、二度と行くことはないでしょう。

かなりの数を揚げていても油を変えないからでしょうか、すごく胸焼けします。

ま、天丼は1500~2500円ですから(お味噌汁等は別料金)、油は替えないんでしょうね。開店と同時に入店することをお薦めします。

その後、パーティーに出て帰って来ました。


4月13日は、都内で唯一の川魚専門料理の「小川の魚」(八王子)に行ってみました。

もちろん炭で焼いています。

岩魚の刺身が食べられます。川魚は味が淡白で、刺身にするとあまり旨味を感じません。

やはり人気は鰻のようです。

ただ、先日行った新宿の「カブト」の方が一日の長の差か、カブトの方が美味しいと思います。わざわざ八王子まで行くのなら、カブトをお薦めします。

ただし、小川の魚では岩魚、ヤマメ、鮎、信州サーモンなども食べられるし、何より川魚の刺身まで食べられます。都内で川魚の刺身を食べられるのは、ここくらいでしょうか。



さて、それでは今回も松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに、真摯に答えていきましょう。


今回も引き続き「ボロ松関係者は目つきがおかしかったからねぇ」(2016.9.20)に来たコメントです。

「恥ずかしいから結局のところ裁判も出来ずに泣き寝入り
コメントに対する反論もできないんじゃないか?」

日本語が意味不明なものを除き、答えています。だからこんなに時間がかかっています。同じような質問、同じような誹謗中傷、間違った日本語、意味不明な文章… 「泣き寝入り」ではなく、松本自動車とフユカイな仲間たちが主張する、ぼくの車がボロだから壊れたのか、それとも松本自動車の整備工がボンクラなのかを検証することが一番の目的です。「恥ずかしいから裁判も出来ない」と云うのは、どう云う意味ですか? 裁判をすることが恥ずかしいと云う認識なんですか? 認識がズレているのはあなたではないですか? 「泣き寝入り」と思うのならどうぞ。「他で直したら弁償されない」ともアンチは言っていましたねぇ。松本自動車やヴェローチェにとっては、整備ミスだろうが車が壊れようがお金さえもらってしまえばあとは用無し。整備工がボンクラかどうか、松本自動車の整備ミスだと証明する必要がありました。真実を知るためにディーラーに出すことは黙っていました。その半年間、ヴェローチェが誠意を持って対応することを望んでいましたが、それは儚い夢でした。真実を発表すると今度は言い訳じみたコメントや人格攻撃を加速させてきましたねぇ。どこまで腐っているのやら。逃げて、ミスを認めず、根拠の無い誹謗中傷する。ただ単にじたばたあえいでいるのがよく分かる。もしもぼくが書いていることに嘘があるのなら、松本自動車、ヴェローチェは名誉棄損で訴えてごらんなさい。できないでしょう? コメントで多くなったのが、語尾に「だろう」とか「思う」など推測の表現を付け加えるようになったこと。


「未だにアンチが多いことに驚き。
よっぽど真実を突かれて悔しいのか。
整備工の信頼低下は自業自得。」

はい、松本自動車とフユカイな仲間たちは醜い悪あがきをしていますよね。ここはヤクザみたいなところですから。松本自動車に行った時は待合室の中で何人もに囲まれて圧力を掛けられましたし。


「こんな口だけキモクソ男の横に乗る女なんか、絶対に!! 居ないw
マジモンの池沼女でギリw」

内容は推測なのに、断定表現。まともな話ができないんですか? 別にぼくはアイドルじゃないんですから、たくさんの女性に好かれる必要はありません。シトリの女性で十分です。


「アンチが湧くのはブロ主の性格によるもの
修理の精度(原文のまま)の問題ではなく
主の発言に納得がいかない人がほとんど。」

アンチが湧くのがぼくの性格と云う考えですか。別に根拠の無い推測の誹謗中傷書かれても気にしませんよ。だってこのブログで検証していることは、整備士の「修理」の技術力と店の対応についてなんですから。それを「問題ではなく」って話を逸らされてもねぇ。正面から討論することが怖くて逃げているとしか思えませんな。ちなみにアンチコメントは、森氏の名前を書いた途端に来るようになりました。


「当方も基本的にはブログ主を擁護する立場ではあります。
(中略)
ただ、現状はどっちもどっちですよね。
契約の際、オーバーホールに対しての保証については主が慎重にとりかわすべきだと思うんです。
それを行わなかった結果明確な補償が行われなくても、もはやこれは言い方が悪いけれど善意の作業です。
すでに主は松本自動車に対して明確なダメージを与えたと思います。
最低限、私はそこでだけは修理を行わないでしょう。
長期的に見れば松本自動車の方が部が悪い(原文のまま)。ブログはあなたの生死に関わらず残りますから。
それだけで十分と思います。
ただ、それでも物足りないと言うのなら、別の方が言われる通り裁判に持ち込めばいいと思うんです。
今、主さんは関係者と思われる相手と舌戦を交えていますが、客観的に見ると同じ穴の狢です。
あなたがわざわざそこまで品位を下げてただのガキの悪口みたいな内容のブログを書くだけの存在に成り下がっていますよね。結果としてブログの信頼性も下げているのではないでしょうか。」

別に松本自動車に打撃を与えるとかのためにブログを書いているわけではありません。

他のランボルギーニ・オーナーに、松本自動車みたいなグズ工場に出会ってこんな目に遇いました、皆さん気をつけてくださいね、と云う警笛を鳴らすことが目的です。そして、まだまだぼくの力不足で、ランボルギーニ・オーナーがまたまた被害に遇ってしまいました。これこそが、最も憂慮すべきことです。直らなくても責任を取らない、逃げる、ミスを認めず車のせいにする、卑怯かつ無責任。
松本自動車とヴェローチェは、そういう会社です。


「明確に問題点を提起して、その相手がどうしようもない対応をしている、それでいいのではないでしょうか。
それに許せないのなら情報開示をして関係者が誹謗中傷していることを証明すればいいと思います。簡単にできますよ。
あなたは今何のためのブログをやっているんですか?
もはや当初の目的と著しく解離していると思います。」

何のためにブログをしているかは、既に何度も書いています。松本自動車やヴェローチェを成敗するとかおしおきするとかのためにボンクラ整備工のことをブログで発表しているわけではありません。

他のランボルギーニ・オーナーと、これから或いはいつかランボルギーニを買おうと思っている方々の参考になれば、と云う気持ちからブログをやっています。

ヴェローチェは「ランボルギーニはこんなもん」みたいな事を言っていました。「(壊れるのが嫌ならエンジンを)新品にすればいい」とも後から言い出しました。いやいや、岡戸さん、あなたは整備士ではなく部品屋でしょ? 岡戸さん自身が確かめた訳ではなく、ボンクラ整備工の言葉を鵜呑みにしているだけなんじゃないですか? それともボンクラ整備工をかばっているのですか?

以前のヴェローチェの整備士もそうでしたが、素人のぼくが見ても雑な整備でしたよ。ネジはついていない、マスターシリンダーの内蓋は落としたまま。

森氏にいたっては、修理でセンサーコードをぶった切って返す体たらく。切ったら直せよ!(コードは何万円もしますが)

自分のミスの責任を取らず、逃げる態度がいたるところで見られます。

それから口約束でも約束は約束。契約書にサインしてなければ、壊して返そうがオーナーの注文を無視しようが、整備士の責任ではないと云う主張なんですか? ぼくは、オイル、冷却水は全てワコーズ、しかも冷却水はワコーズのストレートタイプと指定したのに、普通の緑色のが入ってました。しかもリザーバータンクは空。ボンクラ過ぎて規定量を知らないとしか思えません。せめて、オーナーの指示くらい守れよ、ボンクラ!

全てクレームつけて直させようかとも考えましたが、相手はまとまな会話もできないボンクラ。技術力が低いうえに怠慢なのです。「早くしろ!」なんて言おうものなら、すぐに壊れても「急がしたからだ」とか言いかねません。

で、裁判にしたり示談にしたりしてチンタラやっていては、次の被害者を出してしまうではありませんか。

何度も書いていますが、問題なのはいつまで経っても車が直らないことではなく、いつまでも車を直さない松本自動車であり、それについて無責任な態度を取り続けるヴェローチェにあるのではないですか? もシトツの問題は、すぐに壊れるようなオーバーホールや修理しかできない松本自動車の森氏の技術力の低さ、そしてやる気の無さなんじゃないんですか?

「一つ上の書き込みをされた方へ
↑上にコメントされている方、一部認識不足があるかと。
>主が言うように10年以上乗ってきていい機会だとオーバーホールしたら半年もせずにブロー、
>と言うのは普通に考えれば工場側に落ち度があり原因究明と責任を負うべきだと思います。

ブログ主さんの過去記事に寄れば(原文のまま)OHに至った理由は、12年12月に走行中力が無くなり、その後高井戸から西参道口まで7キロも走らせ、突然エンジンが死んだことが発端です。調子が良かったエンジンをOHしたわけでは無く、壊れたエンジンをさらに7キロ走らせています。しかも、それまで4回の車検はオーナー氏によるユーザー車検です。スーパカー(原文のまま)は本来車検ごとにプロによるこまめなチェックとメンテをしなければ確実に壊れ、素人整備で維持できるのは限界が有り、保管状況やその場しのぎのメンテが蓄積し、限界を超えたのでとうとうエンジンが壊れたのでは無いでしょうか。

どうあっても「車のせい」にしたいんですねぇ。でもね、第三者であるディーラーが「整備が悪い」と言っているんですよ? それに、機械なんだからいつかは必ず壊れます。そのためにオーバーホールのような「予防整備」をやるんじゃないですか? また、どうせエンジンを下ろすんだからとオーバーホールを薦めてきたのはヴェローチェです。

エンジンをオーバーホールするみたいな、一生一度あるかないかくらいの重大な整備でさえ、他を全く点検していない。エンジンのオーバーホールだから他は全く見ないんですよね、松本自動車のボンクラ整備工は。車検だからと項目外の点検をするような気の利いた整備工ではないし、何よりボンクラで気が付かない。だからすぐクラッチ・レリーズが壊れたり、センサーコードをぶった切っても素知らぬ顔で返したりする下道なんですよね? エンジンのオーバーホール直後の最初のドライブで片排になったので調べたらイグナイターのコードが干渉していたからでした。出先でイグナイターの取り付け位置を変えました。松本自動車の整備工は素人以下です。さらに1~2ヶ月でクラッチ・レリーズがぶっ壊れ、路上で動けなくなった時は積載車で修理工場に運び入れて直しました。もちろん、全て自腹で。そんなボンクラ整備工が車検の点検項目以外を点検するとは思えませんなぁ。

なお、ぼくは常に「他にも悪いところに気がついたらどんどん直してください」とも言っています。オーバーホール時も「他にも悪いところなどに気がついたら整備してください」とも言っています。「オーバーホール代の400万以上かかっても構いません」とも言っています。

ですからオーバーホールする1~2年前にフェール・フィルターやパイプなども取り寄せていましたよね? ヴェローチェはそんなことは忘れて「部品を注文してしまいました」って言ってましたねぇ。部品管理をしていない証拠。いつ交換したかなんてのも関係ないので、3年前に交換したはずのウォーターポンプも交換しましたよねぇ。ウォーターポンプって、車検の度ごとに交換するような部品なんですかねぇ。こんなことではわざわざ同じ修理工場に出す必要はありません。


「プロが見ていれば、排ガスが濃くて汚れている(12年12月)などのエンジンの不調をもっと早くから見つけ出していたのかもしれません」

そーゆー時は、エンジンの爆発と触媒、プラグを疑うものです。では、オーバーホール後すぐにバルブ・クラッシュしたり、その修理直後にエンジンが不調になることをプロの森俊匡氏は気がつかなかったんですか? そんなんじゃプロと呼べないんじゃないですか?

「つまり、10年間調子が良かったエンジンをOHしたのではなく、素人メンテで維持し続け、壊れた上でさらに走らせたエンジンをOHしているのです。」

素人メンテなんでエンジンはいじってませんなぁ。それにしてもワークショップ・マニュアルも読まずに修理するなんて、さすが、プロ! ミスが多く、「うっかりしてました」なんてさらっと言ったり、雑な整備で何台も壊しておいて、自己弁護は見苦しい。

そんなエンジンをディーラーの整備士が整備すると一年以上壊れ知らずになりました。3ヶ月で壊れるような整備しかできないどこかのボンクラに、爪の垢でも飲ませてやりたいものです(-。-)y-~

「そして、OH後に2度も壊れた事は事実ですか、もめ事は「両者の言い分を聞かなければ真実が見えてこない」ものです。」

そんなことはありません。状況証拠だけでも十分有罪になります。

だったら森氏、松本自動車、ヴェローチェはブログなりで言い訳してみたらいかがですか? 金はもらってしまったから、もう「負け犬の遠吠え」くらいにしか思ってないでしょう?

「メカニックに非があったのかエンジンが相当傷んでいたのかはエンジン内部に証拠があるわけで、このブログで発信される情報のみで判断することは尚早かと思います。」

エンジンの部品が傷んでいたら、オーバーホール時に交換するでしょ?

エンジンが「相当」傷んでいたのなら400万でオーバーホールするより、ディアブロのエンジンは500万くらいなんだから、新品にすればいいでしょ? (ディアブロのエンジンは500万程度だと神社さんも言ってましたね)

オーバーホール後のバルブ・クラッシュの証拠は森氏によって消されました。その直後の故障は、ディーラーの整備士によって暴かれました。結論は出たのに、まだ「時期尚早」だなんて言ってるとは、寝ぼけているんですか?

それともまた雑な整備と技術力が低くてやる気の無い松本自動車の整備工にやらせて、証拠隠滅をさせろと云うことですか? ヴェローチェよ、逃げずに仲間にやらせればまた証拠を隠滅できたのにねぇ。


それでは松本自動車とフユカイな仲間たちの言い訳をお待ちしています。


ブログに書くことをやめさせたければ、連絡してきなさい。直接話し合いましょう。

ただし、また松本自動車の待合室で何人にも囲まれて圧迫を受けての話し合いはごめんですがヾ(¬。¬ )





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://sannjyakubou.blog13.fc2.com/tb.php/1225-89756689
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |