FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


今回はクールポコのお二人とは全く関係ありません(^_^;)
(ただ、好きなだけです)



さて、今回は先日のE2Cのミーティングの時のエピソードです。集合場所でメンバーから声を掛けられました。

まずは、「ブログ読んでるよ」で、それから色々教えていただきました。その方もヴェローチェを通じて松本自動車の森俊匡氏がランボルギーニの修理を担当したとのこと。

えっ、ぼくと同じだ。ま、まさか…

で、なんでもムルシエラゴをヴェローチェに修理に出したら松本自動車に回され、森氏が修理を担当したけれど、何度修理させても直らず、結局、他に持って行ったと。

「あそこはホント修理が雑」との感想を語っていただきました。

ふっ、なんて香ばしいお話(⌒∇⌒)

最近松本自動車とフユカイな仲間たちが沈黙したのはまたまたやっちまって、それを公開されるのが嫌だったからでしょうか。バラされる前に沈静化を図りたかったのでしょう。

松本自動車とフユカイな仲間たちによると、ぼくのディアブロがオーバーホール後にすぐに壊れたのはぼくのディアブロがボロだったからだ、との主張でしたが、ムルシエラゴもボロだったから壊れたのでしょうか?

松本自動車で修理しても直らない車はボロだからだ、と言う持論なんですよね?

おいおい、何度修理させても何台修理しても直せないんだから、整備工のウデが悪い、って考えるのが自然じゃないのか?

おい! ヴェローチェ!!

松本自動車は仲間だったんだよな?

E2Cのムルシエラゴ乗りはぼくの仲間なんだ。ぼくのディアブロを何度も壊しただけでなく、次はぼくの仲間にまで迷惑を掛けたのか?

一体何人被害者を出せば気が済むんだ?

被害者がぼくだけなら、ぼくの車がボロだからだ、と言い張って逃げてしまおうとしたのでしょう。

だが、ムルシエラゴまで壊したとなると、仲間の松本自動車の整備工がボンクラだと言えるんじゃないのか?

たまたまムルシエラゴ乗りの方にお話を聞けましたが、これはどうやら他にも被害者はたくさんいるのかもしれません。

ランボルギーニ乗りの方!

ヴェローチェに修理を頼むとまともな整備の出来ないボンクラ整理工に修理を回されて、壊されて戻ってきますよ~( ̄0 ̄) 直せないと修理を放置しますよ~( ̄0 ̄)

さらに壊れても「修理工場が空いたら連絡します」と言っておきながら、逃げてしまいますよ~( ; ゜Д゜)

雑誌に広告を打っているから大きい店なんだ、信頼できる、などはありません。

「コインチェック」も出川哲朗氏をCMに起用し、テレビCMを散々流していましたが、実はみなし業者で、セキュリティは杜撰だったではありませんか。

ヴェローチェについて雑誌に書かれている「ランボルギーニ乗りの駆け込み寺」などの提灯記事を、鵜呑みにしてはいけません。

ヴェローチェに大切なスーパーカーの修理を依頼し、松本自動車のボンクラ整備工に放置された挙げ句に壊されても、逆に「あんたの車がボロだからだ」とか「ランボルギーニはそんなもんだ」「それが嫌だったら、新品にすればいい」などと言われるハメになりますよ。

さらになんでも修理を依頼した側には「任命責任」があるとかで、修理を依頼した方が悪いなどと主張してきます。


何年も前から何度も繰り返していますが、松本自動車の整備工はまともな整備が出来ません。

オーバーホールをさせれば半年でバルブ・クラッシュ、修理をさせれば3ヵ月でエンジンが動かなくなる。センサーをぶった切って返す。

また、松本自動車とフユカイな仲間たちは、「400万ほどでV12のエンジンをオーバーホールできるわけないだろっ!」とも主張していましたが、今回別の方から「ディアブロのエンジンは500万程度だよ」と教えていただきました。

為替(数年前、1ユーロが100円割れをしたことがありました)やメーカーの言い値であることを考慮し、また、他の部品代を考えても、高くても700万程度ではないでしょうか?


つまり、ヴェローチェ・松本自動車でオーバーホールや修理をするより、オーバーホール後にバルブ・クラッシュしたら突然ヴェローチェが言い出したように、新品のエンジンを買った方が良い上に、松本自動車のボンクラ整備工みたいなのに何度預けても結局直らないで、時間と金の無駄となるおそれがあります。またヴェローチェはぼくの車がオーバーホール後すぐにバルブ・クラッシュした時、「こういうことは初めてではない」とも言っていました。ヴェローチェの主張を鵜呑みにして泣き寝入りしたオーナーさんは多数いらっしゃるでしょう。

何度か書きましたが、全ての修理工場がそんなことはなく、良心的な工場の方がはるかに多い。しかし、残念ながら自分のところの整備工がミスしても責任を放棄し「ぼったくって何が悪い」とか言い出したり責任がオーナーにあるかのような主張をする無責任な修理工場や、まともな整備も出来ないくせにランボルギーニ江戸川にいたことを決め台詞にして次々と被害者を増やしていくボンクラ整備工や、広告を打って知名度を上げ、依頼を受けると整備工の質などおかまいなしに何軒かの修理工場に割り振り、また、そこが修理を放置しようが気にせず、利ざやを稼ぐことに走る部品屋などもいます。

松本自動車やヴェローチェについてブログで言い続けて、ぼくが得をすることはありません。松本自動車とフユカイな仲間たちの言うところの、「バカで不器用」なのかもしれません。

でも、これ以上犠牲者を出さないためには、皆さんに真実を提供していかなくてはならないと考えます。それがこの文字ばかりのブログを見てくださったり、拍手をしてくださる方々へのお礼だと思います。


今回は残念ながらぼくの力不足で、またもランボルギーニ・オーナーの方が、松本自動車・ヴェローチェによって被害に遇われてしまいました。ランボルギーニ乗りは結構改造してしまって、ディーラーから修理を断られてしまうから、ヴェローチェに修理を依頼するしかないのかもしれません。



今まで不透明だった修理工場の実態。そんな修理工場が存続するのも、検証せずに広告を打ってくれる店の提灯記事を垂れ流す雑誌が存在するからではないでしょうか。

せめてこのブログを読んでくださっているスーパーカー・オーナーの方々だけでも、松本自動車のボンクラ整備工の被害に遇われませんように。

そう祈らずにはいられません。


スポンサーサイト

コメント

初めまして、ブログ読ませて頂いてます                                          愛知県在住、ムルシエラゴオーナーです                                          当方も、10年来付き合いのあった、知り合いのボンクラ整備業者により壊されたり、パーツを無くされております                                      自動車保険の付帯特約により、弁護士選任済みで、今後、裁判費用も保険から支払われるようです                                              一度、自動車保険確認されてはいかがですか?                                       弁護士費用特約(日常生活)で、弁護士選任しました

>ここ何ヵ月も松本自動車とフユカイな仲間たち、「チーム松本」からほとんど誹謗中傷嫌がらせコメントが来ていません。

おめ~がコメント欄見せないよーにしてたからダロ あほw

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://sannjyakubou.blog13.fc2.com/tb.php/1219-c2690089
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |