FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


21日(日)、E2Cの新春ツーリングがありました。

E2Cのツーリングに行くのは一年ぶりです。勿論、着物を着ての参加です。

これからもスーパーカーに乗る時は着物を着て行きます。


待ち合わせのパーキングでは、E2Cのメンバーや違う方と話をしました。

最近更新が滞っているのに、「ブログを読んでます」と何人もの方から言われました。

いやぁ、松本自動車とフユカイな仲間たちの皆さん、陰からこっそり見ていないで、出て来てくださいね。直接言ってくださいな。

そろそろ出発~、となったので、トイレを済ませナビに目的地を入れていたら出遅れてしまいました。

K察が恐いので其れ程飛ばさず、目的地に着いた時は結構後の方でした。

既に皆さんお店に入った後でした。

この店のキャパでこれだけの人数をさばくとなると…

ご飯が出て来るのは、みんなが食べ終わったあとだな…

そう考えて車の中で値引きシールの貼ってあるパンで食事を済ませ、皆さんが出て来るのを待ちました。

その時地元の方から話し掛けられてメアドを教えたのですが、メールが来ません(^_^;)

あれれ?(^_^;)


今回のあだ名は「西郷どん」でした(°Д°)

いや、先祖は鹿児島とは縁もゆかりもないし、西郷さんに影響を受けたこともないし、ぼくが目指しているのは大正ロマンなんですけれど…

ま、着物着てますけれどね… (^_^;)



今回一番多い参加車はアヴェンタドール。皆さん、お金持ちなのね~( ´△`)

そうそう、こんな貧乏なぼくのところにもディーラー様からダイレクトメールが来るようになり、ウルスの先行予約の案内が来ましたが、勿論買えません( ´_ゝ`)

以前もダイレクトメールをいただきましたが、そのチラシを見ると、中古のアヴェンタドールだって買えません。ガヤルドの中古が高くなっているのか、中古のガヤルドさえ買えません。ディアブロを手放したら、もう、スーパーカーは買えないでしょう。

今や、バブルなんですねぇ。

投資と云うのは何かを生み出すわけではなく、ギャンブルみたいなもので、あまり良いイメージはありません。だからしません。

額に汗して働いてコツコツ貯める方が偉いとは思いませんが、ぼくにはそれが合っていると思います。

こんなんじゃアヴェンタドールは買えませんが、中古のディアブロは買えました。

都心には住めませんが、郊外ならなんとかなりました。

お金が無いので自分で車の整備をし、造園もしなくてはならなくなりました。

こうしてなんとかディアブロの維持を続けているオーナーに「ぼったくって何が悪い」となどと言う悪徳修理工場があります。

適当なオーバーホールをしたり、杜撰な修理をしたり、整備ミスをしても責任を取らずに逃げてしまった業者がいます。

今回のミーティングの待ち合わせ場所で声を掛けてきてくださったディアブロ乗りの方は普通のサラリーマンとのことでした。

まだ購入して間もないとのことで、悪徳業者の被害に遇われないことを祈るのみです。

E2Cのミーティングに参加する度に思うのですが、お金持ちの方は皆優しい。そして紳士的です。

湾岸線で帰ると高くつくので、アクアライン東まで一般道で行き、アクアラインを渡って川崎浮島で下りて北西に進みましたが、川崎の道路が大渋滞(ー_ー;)

わずか2~3キロ程度に40分以上かかりました。

多摩川沿いに出ると快調に帰ることが出来ました。



さて、久しぶりにコメントについて答えていきましょう。

前回と同じ「ボロ松関係者は…」に来たコメント。

「高橋直子→尚子」

はい、高橋尚子さん、ごめんなさい。訂正させていただきます。スポーツに興味が無いので間違えてしまいました。

「さんちゃんかわいそう
ゆーちゅーぶ、わらえたよ」

あれ?

YouTubeでは音声まで聞き取れないし、後ろ姿しか写ってなかったのでは?

「薬師寺モータース」で放送された方を見てください。笑えたって、評判良かったんですよ。薬師寺さんからも「名古屋に住んでいたら、月イチでレギュラーにするのに」って残念がられたくらい(^o^)


「400万のOHで初期型ディアブロが新車時の性能に戻るんだったら
みんなやっていると思うんですが」

いいえ、みんなやっていません。悪魔集会でもE2Cでも、誰シトリとしてディアブロのエンジンのオーバーホールをしたなんて聞いたことがありません。昔、雑誌に初期型ディアブロが売りに出されていて「エンジン・ミッションOH済み」の個体が1200万程で売られていたのを見たことがあります。それに「新車時の性能に戻してください」なんて頼んでいませんよ。オーバーホール後すぐにバルブ・クラッシュしたら、ヴェローチェから「(オーバーホール後)半年でバルブ・クラッシュするのが嫌なら、新品(のエンジン)にすればいい」と言われましたが。

じゃ、ディアブロの新品のエンジンって、いくらなんでしょうね。あなたは知っていて、400万のオーバーホールではちゃんとオーバーホールは出来ないって主張しているのですか?

ぼくはディアブロのエンジンをオーバーホールした話を聞いたことがありませんが、あなたはディアブロを所有し、ディアブロのエンジンをオーバーホールしたことがあるのですか? それとも松本自動車にディアブロのエンジンのオーバーホールを依頼し、1000万円ぼったくられたんですか?

根拠を示しなさい。それから論議しましょう。


「何だか、口ばかりで結局のところ、クルマがどうなっているのか全くわかりません。事実は恥ずかしくて隠しているのだと思いますが。
みっともないと思わないのでしょうか。オフ会の時に、そーっと顔を見てみようと思うヒトが多いでしょうね」

はぁ、何を根拠に「恥ずかしくて」事実を隠す必要があると思うのですか?

以前の整備が悪かったとディーラーで認定されたことを公表されて、恥ずかしくなったのか誹謗中傷嫌がらせコメントを送って来なくなったのは、松本自動車とフユカイな仲間たちの方ではないんですか?

この時点でぼくのクルマがどうなったのかそんなに気になるのなら、松本自動車やヴェローチェに聞いてみたらどうですか? ぼくもどういう訳で修理を放置するのか、知りたかったんですよ。

みっともないのは、まともな修理も整備も出来ない松本自動車の整備工じゃないんですか? 逃げてしまったヴェローチェじゃないんですか?

それにあなた! 「オフ会」の意味を知らずに使っているでしょ?

またバカがバレましたね~( ̄0 ̄)

みっともないと思わないんですか?

それからぼくの顔を見たいなんて思う方がいるとは思えません。


「エンジンをOHしただけなのに、クラッチ板まで責任取らそうとする?
追求するのは可哀想???????
コイツのクレーマーの証明だな
エンジンとクラッチは別物だアホ」

まず、クラッチ板については何も言っていません。クラッチ板は消耗品ですから。エンジンをオーバーホールした直後に他が壊れたとしても、整備工はボンクラで気が利かないですし、点検しなかったクラッチレリーズが佐賀で壊れたと整備工場を責めるのは、可哀想。だからこれは整備工の責任とは言えない、って意味でしょ? 頭悪いんですね。自分の読解力が足りないことを棚にあげて、他人を誹謗中傷する行為こそ、「アホ」でしょ?

ちなみにぼくは「オフ会」に参加したことはありません。


「ヴェローチェの負担で直した、と云うことは、420万円でオーバーホールして半年で壊れたのは松本自動車の整備士の落ち度だと認めたからなんですよ?
ボロ車持ちのバカの相手をしてても仕方がないからだろ
ベローチェも松本自動車が悪いと思っていたら、再修理を松本自動車ではやらんよ
鬱陶しいボロ車持ちの低能バカと速攻で縁切りたいだけ わからんか」



分かりませんねぇ。ただ、責任を放棄して逃げたんでしょ。今まではお得意様、お客だったけれど、ミスを追求されるのが怖くて逃げたんですよね? ミスをしておいてトンズラとは、無責任です。

鬱陶しい? 一年半以上も修理を放置されてもひたすら耐え、「工場が空いたら連絡します」と言った言葉を信じて半年以上黙って待ったんですが? 一度も急がしたことも値引きしろと言ったことはありません。鬱陶しいのは、自分たちのミスを棚に上げ、誹謗中傷嫌がらせコメントを送ってくる松本自動車とフユカイな仲間たちではないんですか。

ヴェローチェにとって松本自動車は仲間だそうですから、仲間の松本自動車に文句を言えないんでしょうかね。ヴェローチェとしては修理依頼を受けて各修理工場に車を渡して部品を取り寄せるのが仕事ですから、修理をしてくれる工場が必要なんで、ボンクラ整備工だとしても縁を切れないんでしょ。

でもね、松本自動車のボンクラ整備工に修理をさせていると、またまた彼は必ずミスを犯します。

そう、取り返しのつかないミスを…


(続く)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://sannjyakubou.blog13.fc2.com/tb.php/1216-68a9ca6f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |