FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


スマイリーキクチと云う芸人がいます。

彼は足立区出身で女子高生コンクリート殺人事件の犯人どもと同世代で、元ヤンでした。

ただそれだけの共通点で2ちゃんねるなどの掲示板に「スマイリーキクチは女子高生コンクリート殺人事件の犯人だ」とデマが書かれるようになり、さらに北芝健氏が「この事件の犯人達は刑期を終えて出てきてお笑いコンビを結成し、芸能界デビューをしている」と自身の本に書き、それを信じた輩からのスマイリーキクチ氏に対する誹謗中傷書き込みがさらに増える結果になりました。

キクチ氏はあまりの誹謗中傷書き込みに苦しみ、身の危険を感じて警察に何度か相談した結果、発信者のログから19人が検挙され、うち7名が書類送検されました。


ぼくのブログでも、FC2管理者によって、あまりにも非道い誹謗中傷デマには自動的に「承認待ち」となりました。

松本自動車の関係者は「ブログ主が卑怯にも承認待ちにした」と言っていますが、違います。承認待ちとしたのはFC2管理者であって、松本自動車関係者はここでもまた嘘をつきました。

松本自動車関係者は「都合が悪いコメントは隠す」とも書いていますが、「バカ」「ボケ」「カス」などの単なる誹謗中傷コメントのどこがぼくにとって「都合が悪い」んだか。

プロバイダ責任制限法により、個人を特定できることを知らないんですかねぇ。

スマイリーキクチ氏の時と違い、今では結構簡単に犯人を特定出来るんですよ。



さて、それでは松本自動車関係者からの誹謗中傷コメントに答えていきましょう。

「世間で言う 金持ちでもない、センスも無い、でも雑学と持ち物で人がついてくると勘違いなされている粘着性の自己中の主さん」

あらあら、ぼくには友達がいないんじゃなかったでしたっけ? それより「おれについてこい!」なんて言ったこともありませんし、そんなキャラでもないので、勝手なことを言わないでくださいね。あなた自身が「子分」とか「社畜」から、「社長」「先輩」「アニキ」などと言われたいからそう考えるのかもしれませんが、ぼくは「誰かおれについてこい!」なんて考えたこともないし、そんな発言をしたこともありませんよ。ただ、拍手があると嬉しいとは書きました。しかしながらそれは共感を喜んだのであって「おれについてこい!」ではありません。


「人に嫌われるって世の中で一番嫌じゃないですか?
本質的に好かれるためには(原文のまま)、持ち物でもないしお金でも豊富すぎる知識でもないんです
知識があるのは良いでしょう
しかし、使い方とタイミングがない(原文のまま)と世の中うざい奴になってしまいます。
あなたはこのブログで自分の評価をマイナスカウントに落としている事に気がつきませんか?」

ツッコミどころ満載の日本語なんですが、面倒なので大半には目をつぶって答えます。

まず、ぼくは他人から嫌われることが一番嫌なこととは思いません。見ず知らずの他人から好かれたいとか考えたことはありません。大体、万人から好かれることなど出来ません。たくさんのファンがいる芸能人にもアンチはいます。ちなみにAKBのオーディションでは、審査員のほとんどが反応しなくても、シトリでも推す者がいた場合、合格させたそうです。万人受けするようでは大人数制のアイドル・グループの中では埋没するだけだと考えたからだとか。政治家が万人から好かれようとしたら、無策が一番でしょう。誰かシトリでも反対したら橋は架けない、とか馬鹿なことを言った美濃部と云う都知事がいましたねぇ(この発言の元となったフランツ・ファノンの言葉には「反対する者は冬でも川を泳いで渡れ」と続きます。美濃部は後半を意識的に削除しました)。

ぼくのブログはランボルギーニ・オーナーやこれからランボルギーニを買うつもり(予定)の方々にベクトルが向いていると何度も書いています。ですから、松本自動車のようなぼったくることばかり考えてまともな整備の出来ない工場にとっては目の上のタンコブみたいな存在なんでしょうね。

松本自動車のように商売をしているのなら、多くのシトに良く思われ、お客さんがたくさん来てくれる必要があるでしょうが、ぼくにはそんな必要はありません。

「人に嫌われるって世の中で一番嫌じゃないですか」

だったら、まともなオーバーホールや整備をしたらどうですか? ぼくや他のランボルギーニ・オーナーたちから嫌われないように(-。-)y-~

「自分の評価をマイナスカウントに」って、誰が評価するんですか?
ホント、見識が狭いですねぇ。いつも自分の評価を気にして周囲の反応に怯えながらビクビクして生きているんでしょうね。

松本自動車の整備工は、オーバーホールして半年でバルブ・クラッシュしたり、一年七ヶ月もかけて修理してわずか三ヶ月で壊れるようなウデでも、お客から直接文句を言われなかったことに感謝しなさい。 店の評価はお客がするんですよ。食べログで店が客の評価をしますか? 何か勘違いしていませんか? まともな整備をするのが整備士の仕事なんじゃないんですか? 言い訳は見苦しい。支払いに対するまともな対価の仕事をしなさい。

「たぶんですが、あなたのランボが復活し、ランボのイベントに参加したならば、冷ややかな態度、視線に気がつく事でしょう。
今のあなたに趣味を通じて本当の仲間は作れないでしょうね」

だからなに? としか言えないコメントです。

すぐに「仲間」だの「友達」だの言いますが、それはあなたが仲間とツルむのが好きで、誰かとつながっていないと不安になってしまうからでしょ? それに先日E2Cのツーリングに参加しましたが、皆さん声を掛けてくださいましたよ? そのゲスな推測は間違っていると教えておきます。

昔、ランボルギーニ江戸川にいたことがあると云う肩書きを後生大事にし、まともな整備が出来ないにもかかわらず「お仲間」が援護してくれるとは、その「お仲間」を大切にしないとね。ただ、その「お仲間」がバカすぎて日本語もまともに話せないでツッコミどころ満載の小学生レベルの誹謗中傷文しか送れないとなると、頼りにならないんじゃないですか?

「おい、さんじゃく坊主 偉そうに日本語どうとか御託言ってたくせに自分の雲行き悪くなったら、今度はトンズラか! 謝罪してから終わりにしろよ!」

ブログの更新が遅れていますが、別に「トンズラ」しているわけではありません。またあなたは日本語の間違いを指摘されたからと云って「偉そうに」って思わずに、勉強になったことに感謝して、真摯に受け止めたらどうですか。そんな人間として当たり前のことも出来ないくらい傲慢で自己中で救いようの無い言動を恥じなさい。

それよりちゃんと昔の「コメント」から答えていますが? いやいや、「トンズラ」しているのは、ぼくがツッコんだ事に対して何も答えない松本自動車関係者側ではないんですか?

大体、意味不明の文を送ってきて、「答えろ!」ってのも乱暴です。


「ディアブロを買ったのはモテたくて見栄を張るためか?

私自身見栄やモテたいからという動機は全く否定はしないですし男なら仕方のない事かなと思いますが、あまりにも強く否定されている事と過去ブログから読み取れる内容に矛盾があるのでおかしくておかしくて書かせてもらいました」

女の子とのデートのために毎週末は本屋に寄ってデートスポットやレストランをチェックし、観光コース、食べ歩きコース、歴史コース、おのぼりさんコース、パワースポットコース、トレンディコースなどなどいろいろコースまで作って研究すると云う、努力家なんですよ(о´∀`о)

にもかかわらず、およそ高い買い物である「車」を買うのに、何もリサーチせずにランボルギーニを買いはしません。ランボルギーニを知っている女の子なんてほとんどいませんし、車の種類は二の次、ってリサーチ済みです。

男は「ランボルギーニで家に迎えに行ったら驚くだろうな」とか考えますが、ほとんどの女の子にとっては差別化は良いけれど目立つのは恥ずかしい、また「妬まれるのでは」などと心配になってしまうようです。

そもそもディアブロを買った一番の理由は福野礼一郎氏の「ホメずにいられない」を読んでだと、2012年4月5日付のブログに書いています。
単純に女の子にモテたかったら、ポルシェやアウディやBMWやミニを買ったことでしょう。

つまり、ランボルギーニを買ったのは女の子にモテたいからと云う理由が無いわけではないが、とてもとてもそれが一番ではない、と表現するのが正しい。

こんなことまでいちいち書かないと分からないですかねぇ。なにが「ブログから読み取れる」ですか。ちゃんと読まずに憶測だけででかい口をたたいて恥ずかしくないのかなぁ。


「修理の件は結局のところ、これからどうするつもりなのですか?
・ベローチェにもう無償修理は無理と言われている⇒もう関わりたくないので有償でも断られるでしょう。
・4ヶ月ヴェローチェから連絡は来ないと言っていますが、ヴェローチェから連絡をしてくる約束になってないんじゃないですか?」

この答えは既にブログに書いています。

ただし、「ヴェローチェはもう関わりたくないので」とあるとおりとすると、ヴェローチェはお客から金をもらうと不完全なオーバーホールだったにもかかわらず、卑怯にも逃げてしまった、と言うことになりますね? 今月号の「ゲンロク」で広告を打っていますから、「病気だから連絡できなかった」なんて前回のような言い訳は通じません。

「・他の修理工場でも引き受けてくれるところはない⇒多分あなたの噂が広がってどのショップからもブラックあつかいになっていて様々な理由をつけて断られると思います」

これも嘘でしたね。自分達のことを書かせないようにしたくて追い詰めようとしたのでしょう。

「この状況であなたはどうするつもりですか? いつまでもここでアンチと言い争いしていても車は直らないですよ。さらにこんなブログを書くからどこも修理を引き受けてくれなくなるし、あなたのその言動が悪循環を招いていると思いませんか?」

「修理を引き受けてくれなくなる」は嘘でしたし、「悪循環を招いている」とも全く思いません。ヴェローチェからの連絡をわざわざ半年待ち、結局ヴェローチェは裏切って無責任にも逃げてしまいましたね。

アウトモビーリ・ヴェローチェはそういう店だったと云うことです。

松本自動車の元ランボルギーニのディーラーにいた整備工はまともな修理もオーバーホールも出来ず、松本自動車は金をもらえれば後はすぐに壊れようが、渡す時さえ動いていれば構わないと云うぼったくりの店だと分かりました。そのことをブログに書くと誹謗中傷嫌がらせコメントを送り続けてくるクズだとも分かりました。

さらにこのように追い詰めてやろうってミエミエのコメントをしつこく送ってきますが、多くの修理工場から拒否されても別にいいんですよ。修理工場はたくさんあり、そのうち1軒だけ修理してもらえればいいんですから。全ての修理工場から好かれる必要なんてないんで。

その後このコメントは「予見できたのに怠ったか?と言いきれるかですね。ショップは時限爆弾的なトラブルを予見できたのでしょうか?」と続きます。

まず、何度も書いていますが、「修理」ではなく予防整備である「オーバーホール」です。そして松本自動車の整備工はサーモセンサーをぶった切って返してきました。サーモセンサーが切れていた場合、異常過熱が分からず、燃えあがる場合があります。これこそ「時限爆弾」をセットしたと言えるのではないですか?

「この状況で待つだけ&訴訟もしないのはなぜですか?」

前回も書きましたが、ランボルギーニ・オーナーの駆け込み寺と雑誌の提灯記事に書いてあることが本当かどうか確かめたかったし、10年以上も付き合いのあるヴェローチェから「工場が空いたら連絡します」と言われたので待っていました。

訴訟もなにも、松本自動車の整備工がボンクラかどうか、他のところで診てもらわないと分からないじゃありませんか? それとも何度やらせても直せない松本自動車のボンクラ整備工にまたやらせろ、って言うんですか? 松本自動車のボンクラ整備工に伝えてください。二度とおまえのようなボンクラに、ぼくの大切な車には指一本触れさせない、と。

ぼくは「金を返せ」などと言っていません。真実を知り、このようなぼったくり工場を他のランボルギーニ・オーナーに広めたい。

「いつもあなたの主張ばかりなので、ショップ側の言い分も載せてください」

はい、載せていますよ。ちゃんとコメント読んでますか? さらにわざわざコメントを引用して載せてますよ。

大体、三者間での話し合いの時は松本自動車側は全くしゃべらなかったくせに、誹謗中傷嫌がらせコメントは執拗に送ってくるんですよね。

で、誹謗中傷嫌がらせコメントに対して反論すると言い返せずに話題を変えたり根拠のない無関係な誹謗中傷嫌がらせコメントを送ってくると。

会話する気がなく、ただコメント欄を意味不明な日本語と誹謗中傷で埋め尽くしたいだけなんでしょ?

「バカ」「アホ」「マヌケ」と思う根拠と理由を述べてください。

それくらいできるでしょ? でないと、またFC2管理者による「承認待ち」になってしまいますよ(-。-)y-~

それではまだまだ誹謗中傷コメントは来ているので、次回もそれに答えていきましょう。



スポンサーサイト

コメント

まだやってんの?
かわいそう
はやくかのじょみつけて
ぽんこつでどらいぶでもしなよ

ほんとかわいそうなおじさん

ボンクラ全開

桜満開

一生女に相手にされないボンクラ

保証付

頑張れ!応援してるぞ!

ただ、以前の様な「温泉、スイーツ、うどん、日本酒」求めたドライブ紀行もお願いね。

シトとかシトリとか言ってる梵暗

そんな日本語無いんだよw日本語語るな!!ボンクラ野郎w

準公のボンクラ

ボンクラそのものの文章w

ヴー
ぇー
ロー
チュー。

www

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://sannjyakubou.blog13.fc2.com/tb.php/1202-f04e288f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |