FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
90位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


上田秋成の雨月物語は安永五年(1776年)刊行されました。作者の上田秋成は大阪の遊郭で私生児として産まれ、五歳の時に疱瘡を患い九死に一生を得たものの病毒のため右の中指とシダリの人差し指は屈して伸びず不具の身となりました。「雨月物語」に「剪枝畸人」と署名したのは自分の体を自嘲してつけたのです。

その上田秋成の怪談小説集「雨月物語」が大好きでよく読んでいました。
その中でも「吉備津の釜」、「蛇性の淫」、「青頭巾」が好きで、道成寺、浮島の森、三輪が崎(新宮)、石榴市(三輪)、初瀬寺(長谷寺)、吉備津神社の吉備津の釜は見に行きましたが青頭巾の舞台となった栃木県にある大中寺はまだ行ったことがありませんでした。

で、今日(日付的には昨日)、ミゼットⅡで一般道で行って来ました。行きはトイレ休憩で道の駅に寄りましたが帰りは四時間ノンストップの強行軍。片道3時間半~4時間。食事もせず口にしたのは積んでおいた缶コーヒーだけです。

駐車場にはちらほら車が停まってましたがお参り客は老夫婦一組のみ。青頭巾の舞台だけあって山を従えた静謐な禅寺です。

コロナ対策で御朱印帳書きはないどころか(どうせ御朱印なんか書いてもらったことがないのでどうでもいいが)お守りや交通安全ステッカーなども売ってない。関係者はシトリもいない。七不思議のシトツ「不断のかまど」も入口の鍵が閉まっていて見られない。他の七不思議のシトツ「根なしの藤」は枯れているのかまだ葉が出ないのか分かりません。七不思議の全てに立て札があり説明が書いてあります。

まぁ、青頭巾は成仏してシトを喰らうことも無くなったんで、大中禅寺も穏やかになったんでしょうか。


残念ながらここでも怪現象と遭遇せず、日の暮れる大中禅寺を後にしました。家に着いた頃は真っ暗。ハラ減った~(つд`)

く~、仕方が無い。神奈川の田谷の洞窟を楽しみにしておくぞ~(*^o^*)






スポンサーサイト



醤油は面白い

仕事でビックサイトまで行き、帰りに銀座に寄りました(新橋から歩いた)。

日新時計に寄りパティック・フィリップのオーバーホール代を聞いたところ13万とのこと。いやはや、ここはかつてない程お高いですな。

ファンケルにも寄ってPS(ホスファチジルセリン)を求めたら生産中止とのこと。これからは他のメーカーのを買うか。

で、いつものように松屋銀座にも寄り、年内の友の会の会費を払ってしまおうとしたら「25,000円までしか預かれないが、特別に30,000円までなら」と預かってもらいました。支払いが遅れると請求書が来るので払ってしまいたかったのに(´Д`)(ゆうちょ銀行引き落としはできない)

入口のマスクチェックはやってませんでした。ちなみに麻生大臣の「いつまでマスクしていればいいんだ」に対してロンハーの惇が「家に着くまでだよ」と言ってそれを「名回答」と東スポwebは書いてましたが、どこが「名回答」なんだか。感染が多いのは自宅だぜ? だったら「家に着いたらマスクをした方が家族に感染させる可能性が減ります」だろ! これだけみんなマスクしてるのに感染者が減らないのは「マスクに効果なし」と思わないのか? 「家族で食事をする方が感染者は増えるので食事は飲食店で」とならないのか? いつまで飲食店をいじめりゃ気が済むんだよ。だいたい新型コロナウイルスの専門家なんていないんだぜ? 当初「日本では20万人が死ぬ」って言ってた「専門家」はとんずらか? 「医療崩壊」を予言していた連中は予言が外れたのに素知らぬふりか? 五島勉だってノストラダムスの予言解釈が外れたら謝っていたぞ。


次に地下二階に降りて「職人醤油」に寄りました。いつものように「一番甘い醤油としょっぱい醤油」をお願いすると、甘いのは鹿児島の「久保醸造」の「さしみ」でしたが、しょっぱいのは今回は富山の限定手作り醤油「幻醤」(畑醸造)のを勧められたのでそれにしてみました。この醤油はしょっぱいんですが、香り良くとげとげしさが無いので飲めます。で、1000円以上買ったら再仕込の「しぼったまんまの鶴醤」(香川県ヤマクロ醤油)をもらいました。なんとこの醤油は火入れしてないため冷蔵庫保管だそうです(持ち帰り時は保冷剤で)。

他にキャンティのケーキを買って帰りました。

松屋銀座のデパ地下のお気に入りのシェ・シーマとホテル西洋が撤退してしまったのでキャンティくらいしか買うケーキはありません(^_^;) 

で、東京駅まで歩いて中央線に乗り、帰りました。


今日も相模原にあるうどん屋に行ってみました。

ネットに拠るといつも混んでるし駐車場もいっぱいとのこと。開店前に行って並んでおくか。

ところが多摩境~橋本のあたりは道路が混んでいるし店は市街地にあり、開店前に着かず、開店後3分くらいして到着。

幸い駐車場は2台分空いており車を停めることができました。店の入り口にはまだ発券機に人が並んでいます。

開店前から大人気だな…

肉汁うどんの大(1050円)と糧(かて)(300円)にしました。糧用の平皿は小さく、また天ぷらはさつまいものみ。他は漬物で、漬物嫌いなぼくはがっかりしました。皿も小さく、特に糧を選ぶメリットはありません。ネットを信じた~(´Д`)

隣には地味な感じの女子大生らしき子が座りました。ガッツリうどん屋に若い女の子がシトリ… その向こうは若い男が二人で来ていてこの店のうんちくを語っていました。先にテーブル席から埋まったな。つまりグループ客が多い(カウンター席はぼくが一番で、次に来た女子大生が二番に座った)。

うどんは武蔵野うどんスタイルです。

肉汁にざるうどんを浸して食べるタイプ。うどん自体は硬め。しかも太くてつるつるして全く汁が絡まず、なる程、肉汁をしょっぱめにしているのはこの麺に合わせてでしょう。しかし肉汁にうまみは少なくこのうどんに負けています。
まずくはないけど… これでいつもいっぱいなくらい人気なのは不思議です。帰る頃は平日なのに満席。帰る時その子とほぼ同じだったのですが女子大生らしき子はママチャリで来てました。

味も普通で自宅から遠くてこんなに混んでるんじゃ、二度と行かないかなぁ。




今日は天気も良いので相模原の里山の中にある「さと山」と云ううどん屋に行って来ました。県道から信号の無い鋭角T字の道に入りさらに車一台通るのがやっとの狭い道を抜け、お店の駐車場があります。

営業は11時からでその2分前に到着するとおっちゃんがベンチに座っていてのれんを出すおばちゃんと話をしてました。

なんか、会話を聞くと近所の農家でもしているおっちゃんみたいです。

おばちゃんに「初めてですか」と聞かれて「そうです」と答えると簡単な説明がありました。お勧めは定食で今日は天丼、うどんは食卓にある酢を入れて味変してみてください、とのことでした。すぐにどんどん客が入ってきて満席になりました。店内には四人がけが五卓のみ。さっきのおっちゃんが「今日は空いていてゆっくり食べられるなぁ」と言ってました。

味は… 美味しいのですがすごく美味しいわけではありません。全部が75点って言った感じです。

里山風景を見ながら田舎にまで来てまともなうどんが食べられる驚きが味の評価を上げているのかと思います。埼玉から高速道路を飛ばして来た、って云う年配のカップルもいましたし。店のおばちゃんによるとなんでも客は自転車乗りが多く、かたくりの花の時期は混むそうです。

話のネタに。または城山湖に遊びに来たついでに行くには他に面白い店がないので、お勧めかと(^_^;)









チャーハンとカツ丼が大好物なんで、「50年目の情熱カツ丼」の文字に踊らされて「大阪王将」をネットで探しました。

この度初めて知ったんですが「餃子の王将」と「大阪王将」はもともとはのれん分けの関係で経営自体は別物、メニューも異なるので「情熱カツ丼」を食べたければ大阪王将に行かなければならない、と云うことのようです。

えっと大阪王将は… 近所にない…

ミゼットⅡをぶっ飛ばして1時間以上、甘酸っぱい不安と期待に胸を震わせながら入ってみました。餃子の王将1号店は京都で入ったこどあり「京都人はこんなのが好きなのか」とがっかりした記憶がありますが、大阪王将は初めてです。

情熱カツ丼と追い玉は何が違うんですか、のぼくの質問に給士のおばちゃんは「温泉たまごが載るかどうかです」との回答。じゃ、普通の情熱カツ丼で、と答えましたが、おばちゃん、違うじゃねーか。追い玉には「ラー鉄ブレンドスパイス」が載るぞ(-_-;)

ご飯大盛り無料なんで大盛りにしてもらい、チャーハンは外せないんで半チャーハンを頼み、「餃子はいかがですか」に一番量の少ない3個を頼みました。

チャーハンが先に来ました。チャーハンは化学調味料の味バリバリです。化学調味料の味しかしません。ま、これはこれで安っぽくても好きなんですけどね。

餃子は普通。情熱カツ丼は… に、肉が… う、薄い。全体の見た目は悪く、まかない飯以下。全く食欲をそそりません。カツにラーメンスープが染み込んでる? これって何ラーメンの味? 今まで食べたカツ丼の中で1、2位を争うまずさ。

ラー鉄は載らなかったけれど、もう二度と情熱カツ丼は頼みません(チャーハンは食べに大坂王将にまた行こう)。





 

 | BLOG TOP |  NEXT»»