FC2ブログ
ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
110位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


ミゼットIIを受け取りに他県まで行って来ました。

で、駅までその中古車販売店の方が迎えに来てくれました。

販売店に着くとミゼットIIは玄関前に準備してありました。

充電してあるがバッテリーが弱く、要交換とのこと。

シトトオリ説明を聞いてそのまま自宅まで乗って帰りました。

ミゼットIIは3速オートマでギア比が低く、結構うるさい。で、ブン回すので燃費も悪いとのことです。

エンジンの調子は… 悪いですねぇ。「20年落ちですから」だそうですが、信号持ちしているとエンジンがストールしてしまいます。ちなみにエンストとはエンジン・ストップのことではなく、エンジン・ストールの略です。それなのにバッテリーが弱いと聞いていたので心配です。シートはペラペラで、すぐに尾てい骨が痛くなってきました。

こりゃ、遠距離は無理だな。ETCはいらないか…

ETCどころかラジオも付いておらず、眠くなってきます。仕方がないので眠気覚ましに自分で歌いながら帰ってきました。

自宅に着いてエンジンを止めようとしましたが爆発しなくなってもクランクが回ってしまいます。

すぐにエンジンを掛けたりキーをひねったりを何度か繰り返して止まりました。

次の週末に旧車を扱っているお店に持って行きました。

おっちゃんは運転手のシートを上げて調整してくれました。

なんでもあれはそのままにしておくとピストンが焼き付いてしまう、また調整ネジをいじりながら「こりゃ、確信犯だな」と言いながらいくつかのネジを半回転くらいしつつ見事に応急処置をしてくれました。

「大部良くなったでしょ」と言いながら「5000円でももらっておくかな」とのことでした。

買ったお店の中古車屋の整備士もやったけれどうまくいかなかったんでしょう。だからあれが限界だったのか。

お店にメールするとメールに写真付きで調整ネジの位置を教えてくれて、その内容からどうやら「確信犯」のようでした。

おっちゃんの言うとおりか…

ディアブロの調整も頼もうとしましたが「ランボルギーニはやらない」と言われてしまいました。

で、エンジンを掛ける時はアクセルペダルを踏み込んで掛けるように指示されました。キャブレターの清掃か交換するし、1ヶ月くらい預からないときちんと修理はできないだろう、買った値段くらい修理費がかかるかもしれない、しかし当分の間はこれでなんとかなるだろう、とのこと。

まっとうな整備でした。

それに比べて松本自動車のボンクラ整備工のポンコツ森俊匡と行ったら自分のミスを棚に上げて「車がボロだからだ」とか「オーナーの顔がボンクラだからだ」と全く的外れなことしか言わない。おまえのウデが悪いんだろ! 素人よりひどい言い訳しか思い付かないのか。まさしく森俊匡はポンコツの中のポンコツでありましょう。ま、松本自動車自体が中古車屋なんですから、その程度の整備士を集めておけば良いのでしょうね。

で、素人同然の森俊匡がオーバーホールしたから半年でバルブクラッシュするのは当然の結果ですな。直して今度は3ヶ月で壊れる… その理由が「オーナーの顔がボンクラだから」ですからね。もちっとまともな言い訳できないのかよ。いや、ボンクラ整備工の森俊匡の修理ミスだから、まともな言い訳できないよなぁ。そうじゃなかったらすぐに説明するだろうし、松本自動車まで行って説明を受けた時はほとんどしゃべらなかったし。売主が決まった販売車のオイル交換をすればオイルを入れ忘れる。その言い訳が「そんなことはありません」だからねぇ。だからぼくの次のディアブロについてもディーラーから「前の修理の時のミス」だと判断されたのに、「車がボロだからだ」とか(オーバーホールはボロくなった部品を交換することです。部品がボロのままだったらそれはきちんとオーバーホールしてないことになります)、車の故障と無関係なことまで責任逃れの理由にして「オーナーの顔がボンクラだから」と言いがかりを言うだけ。いいか、車が壊れるのはいい加減な修理しかできない森俊匡がとてつもないボンクラだからだぞ! こんなカスでクズの修理工はみんなに迷惑かけていて、生きていて恥ずかしくないのかね。まともな修理が何シトツできないどころかまともにオイル交換さえできないポンコツのくして、よく「ランボルギーニはおまかせください」なんて言えるよなぁ。ぼくのディアブロがボロだから? だったらE2Cのムルシエラゴ乗りのムルシエラゴも「ボロだからだ」ってことにして逃げるか? 店で販売している中古車も納車整備でオイルを入れ忘れても「車がボロだから」だと言って誤魔化すか? オイルを入れ忘れるのは、おまえのせいじゃないのか? 店の販売している中古車にまでイチャモンつけて誤魔化そうとするのか? 情けないやつだな。

ちなみにミゼットIIをダイハツに持ち込むと若い整備士から「初めて見ました」と言われた話がネットにありました。後期型はインジェクションになったそうですが、大半のミゼットIIはキャブレターだそうです。

森俊匡はスーパーカー世代のようでランボルギーニ江戸川が始まったのはガヤルドあたりから。古いランボルギーニなんていじったことがないんでしょうね。にもかかわらず「ランボルギーニはおまかせください」なんてよく言えるよなぁ。できないことはできないと言えよ、みんなに迷惑かかるから。オイル交換さえまともにできないくせに、よく「整備士」を名乗っているよな、森俊匡。恥を知れ!



旧車の整備をしているおっちゃんに整備してもらい、20年落ちのミゼットIIは今日も元気に走っています( ^∀^)

絶対に松本自動車と自らを「仲間」と言っているアウトモビーリオ・ヴェローチェには二度と修理を頼まないからな! なんせ仲間の森俊匡はポンコツにも程があるから。また、「工場が空いたら連絡します」と言って逃げてしまうヴェローチェの卑怯さはこれからも何かあってもすぐにトンズラしてしまうでしょう。仲間の整備工がまともにオイル交換さえできないんじゃ、タイヤ交換さえ危なくて頼めないよなぁ。






スポンサーサイト



寝正月

お正月は三日間猫の散歩以外は家から出ませんでした。

結局触媒交換と取り付けたナビのテストも出来ずにお正月を終えました。

お正月に入って大晦日に残った蕎麦を食べ、餅を焼いた以外は賞味期限の切れた食べ物を処理して(つまり食べて)過ごしました。野菜類で台所にあったのはニンニクのみ。お節料理以外に冷蔵庫にはたらこしかなく、たらこスパゲティにして食べました。ただし庭にはネギとブロッコリーと唐辛子が植えられていたのでペペロンチーノも作り、全てが尽きた4日からお節料理を食べました。ま、シトリの食事はこんなもんでしょう。

31日からは薪ストーブを焚きましたが、薪が悪くて部屋の中が臭くなり、煙がひどくて煤だらけになってしまいました。薪ストーブはおしゃれな感じですが、火をつけてから安定するまで最長一時間くらいはつきっきりになり、さらに一時間ごとに薪を投入しないと消えてしまいます。一度消えた火をまた安定させるには暫くかかります。薪ストーブのあるレストランで食事中に火が消えてしまい、店員さんが再び火をつけようと四苦八苦していましたが結局ぼくが帰るまで再び火がつくことはありませんでした。

7日になって松飾り(門に飾った根引きの松)を回収してお正月は終わり(七草粥は土臭いので食べられない。また今年は初詣にも行かなくなりました)、また日常が始まります。ただしまだ餅花だけは飾っています。小正月までは飾り、薪ストーブで燃やして終わりになります。

年末年始の夜は猟をするための車を探していました。いわゆるサードカーと云うやつです。

軽トラかジムニーを中古で探していたのですが、結構高いうえに年末年始は電話も通じず、結局決まり切れずに終わりました。


自身はランボルギーニに乗りたくても乗れないポンコツ整備工の森俊匡に「(ぼくに)ランボルギーニは似合わない。何故かパッソはお似合いだと思いました」とか母が死んだ時にボンクラ森俊匡がディアブロの修理を放置していたおかげでランボルギーニで駆けつけることができなかったと書いたら「有事の際のパッソだろう!」とヘンテコな主張をするので、「パッソは日常。有事の際はランボルギーニじゃないのか」つまり、「父が倒れた」ような時に速いランボルギーニで駆けつけるんじゃないのかと質問しても返事はなかったので(漫画「カウンタック」でも友達になったシトのおばあちゃんが危篤になりカウンタックで駆けつける場面がありましたな)、今度買うクルマに対して森俊匡ポンコツ整備工はどんないちゃもんを言ってくるか楽しみです( ^∀^)

言い返されて黙るようなら文句をつけるな! 森俊匡‼️

自転車整備

年末は、もシトツ修理をしました。

自転車の前輪がパンクしていたのでその修理をしました。翌朝見るとタイヤがペッタンコ。またまた分解すると、も一ヶ所パンクしてました。トホホ… いつも二ヶ所パンクしているのは何故かしらん?

で、テスト走行すると前輪ギアが変速しません。調べてみるとワイヤーが一部むき出しになって錆びていました。

ちっ、仕方がない、ワイヤー交換するか。
ワイヤーを買いに行き、面倒なんで何も考えずに古いワイヤーを抜いてしまったのが失敗。新しいワイヤーを取り付けようとしましたがどのようにワイヤーが通っているか分からなくなり、ネットで調べても分からず、後ろのシフトレバーを分解して見比べるはめになりました。

少しレバーは固くなりましたが変速します。良かった良かった。

大掃除もせず年末が終わろうとしています。
11月25日で車検を済ませ、突然ナビの画面が消えてしまってから1ヶ月、近所のオートバックスに修理に出すとスーパーオートバックスの店員と違って接客してくれたにいちゃんは色々教えてくれてきちんと対応してくれました。わざわざナビを取り付けてくれた方にまで電話してくれて(異動していた)、教えてくれました。

「こ、この男、できる…」

ディアブロはセンターコンソールの真ん中あたりにフレームが入っていて、2DINの一体型のが入らないので一体型ではなく本体とは別のインダッシュ・モニター・タイプ のにしたのですが、これはもう現在販売されておらず、直すしかない。なんでも中古市場では高値で取引されている状態でNSXも同様なので先日修理を受け付けたそう。まだ直せるそうなのでぼくも修理に出すことにしました。

結論から言えば直って返却されましたがもう部品が無いので今後は直せないそうです。MDチェンジャーは部品が無いので直せず戻ってきました。

修理費8万円。今や地図の更新もできません。まぁ、現在地さえ分かればどうにかなりますし、これでバックカメラも見られます。

次の作業は排気システムのトラブル解決です。エンジンをかけてから30分くらいは排気が異常で、白煙がすごくて何か詰まった感じで回転数を上げるとストールしてしまいます。

触媒を交換してみることにしました。

触媒は中古のものをヤフオクで買っておいたのでそれを使います。ガスケットはボロボロになっていると思い、次の交換用に予備を買っておいて良かった。なんせ欧米の会社はクリスマス休暇で1ヶ月くらい対応してくれませんからね。



マフラーを外すときネジが固着していて消音器側のねじ2本をきってしまいました。

ん? 一本無いぞ?

なんと一本、根元から無くなっており、綺麗に磨いてありました。ねじきったのを誤魔化したのでしょう。

ぼくがMSレーシングの直管マフラーから純正マフラーに戻した時はちゃんとありました。と、すると、消音器のネジを切ってしまって誤魔化したのは、エンジンのオーバーホールをしたポンコツ松本自動車のボンクラ整備工の森俊匡となります。今まで「氏」をつけてきましたが、ここまでいい加減な整備をして誤魔化してばかりしてるくせに未だに車が壊れるのをオーナーの顔のせいにしている態度を続けていて自らの非を認めないならもう「氏」をつける必要はないでしょう。

おい、ポンコツ整備工の森俊匡ボンクラ整備工! おまえは素人以下だな。これで400万以上金を取ってさらに整備ミスで起きた故障の修理を放置して恥ずかしくないのか。さらに「オーナーには分からないだろう」と考えて黙って返す。ランボルギーニ・オーナーは自分でマフラー交換なんかしないと高をくくっていたか? よくこんなポンコツで「元ランボルギーニ・ディーラーのメカ」なんて言っているよな、森俊匡! 全世界のランボルギーニの修理をしているメカニックと全世界のランボルギーニ・オーナーに謝れ! おまえみたいなクズ整備工がいるから「ランボルギーニはすぐ壊れる」とか言われるんだぞ! センサーコードはぶった切っても知らんぷり、イグナイターのコードの取り付け部分の位置が悪くて干渉して出先でエンジンが止まってしまう、タイミング・チェーンの張りを調整するのが面倒できつく張り過ぎてピンが折れると次は緩く張り過ぎてガイドにチェーンが当たるようになる、オーナーから「ワコーズ」を指定されていたにもかかわらず使わなかったのでそれを指摘されると「プロ並みの指示をするな」と逆ギレする(こんな指示がプロ並みなら、森俊匡はよっぽどの「ヘタレ」だなぁ)、エンジンを下ろすついでにエアコンのガス漏れ修理もお願いしたが、いくつかの部品を交換してガスを注入しただけだからすぐに再びガス漏れしてエアコンが効かなくなる、冷却水の容量不足でリザーバータンクは空… エドコー(森俊匡の卒業した高校)では英語を勉強しなかったんですかねぇ。それでオーナーズ・ハンド・ブックが理解できなくて規定量が分からずにリザーバータンクが空でもオーバーホール後ワコーズを入れずに他のを入れてそのままオーナーに返すんですかねぇ。さらに他のランボルギーニ・オーナーのムルシエラゴも結局直せないで返す、軽自動車を買ったシトからオイルを入れ忘れていたことを指摘されても「そんなことはありません」と言えば誤魔化せると思っている… ポンコツ森俊匡クンよ、そろそろきちんと言い訳をしてみたらいかがですか? ただぼくの顔のことを中傷するだけでは自分のミスの言い訳にはなりませんよ。ま、それしか方法がないんですかね、まっとうな言い訳ができないから。それは自分の力量不足を認め、ミスを誤魔化そうとしているに過ぎません。「タイヤのパンクまで整備士のせいにするのか」なんて言ってますが、わずか数千キロしか走っていないタイヤがバーストしたのは経年劣化じゃないんですか? それは何年も修理を放置したりまともな整備ができずに何度も修理工場に入れることになったせいではないんですか?

ランボルギーニ・オーナーの皆さん! 松本自動車のボンクラ整備工のポンコツ森俊匡に修理に預けても彼はバカだから自分のミスを認められず、指定されたこともできず、それをオーナーの顔のせいにして逃げるようなとんでもない男です。ゆめゆめヴェローチェに大切な車を修理に出してはいけません。なんせ岡戸氏とポンコツ整備工の森俊匡は「お仲間」だそうですから。ヴェローチェの岡戸さんは整備工のミスでも「一度修理したから責任はない」と言って逃げてしまうような男です。

で、仕方がないので近所の修理工場に消音器の切れたネジを溶接に出すことにしました。数日で溶接は終わり、修理費約2万円。

マフラーの修理は十分シトリでできます。ただ、以前MSレーシングのマフラーから純正に戻した際ネジが固着していてソケットが割れてすこぶる強く手を打ったことがあります。今回もネジが固着していて弛まずに二ヶ所も切ってしまいましたし。それと消音器がすごく重い。仕方がないので木をかませてネジをとめました。シトリでマフラー交換する際はお気をつけください。

今回のは1/3はポンコツ森俊匡の責任だから、金を払って欲しいものですな。









今月末に車検が切れるので、ユーザー車検を済ませました。

車検証を準備してスマホから予約を取りました。現金も必要です。陸運局のキャッシュレス化はまだまだ遠いようです。

ディアブロを買う前は「車検は50~60万円くらいかかる」と言われていたのでビビってユーザー車検をすることを決め、「民間車検場なら楽なのに」とも言われましたが敢えて茨の道を進むことにしました(単に金が無いだけ(^_^;))

実際、ディーラーからはオイル、フルードを交換して点検をして約30万円と云う案内状が来ていました。30万を安いと思うか、高いと感じるか。以前松本自動車とフユカイな仲間たちから「ディーラーの整備証がフロントガラスに貼ってない車は貧乏オーナーとしてバカにされる」とコメントを送ってきましたが、自分でするのもチェック表を見てやるんだから、全くもって頭の悪い偏見です。松本自動車ではお客のレクサスをディーラーに持って行ってるではありませんか。森俊匡ボンクラ整備工は、整備士としての矜持を持ち合わせてないんですかね。スーパー7に乗るプリズナーNo.6の主人公は「この車はおれがビス一本から組み立てた車なんだ」と云うセリフを聞き、デロリアンに乗っている頃から自分で整備することにした話をしましたが、もちろん松本自動車とフユカイな仲間たちはシトコトも返せず終わり。松本自動車とフユカイな仲間たちはお客を下に見てあたかも整備工は偉いと勘違いしてるんじゃないんですかね。まさに最も愚かな言動をとるバカでクズとしか言いようがありません。松本自動車の森俊匡ボンクラ整備工が整備して調子悪くなったところをオーナーが直し、オーナーもできない場合はディーラーに持っていく、と云う、ホント、松本自動車のボンクラ整備工のウデは素人以下です。

予備車検場に寄らず陸運局に直行です。ユーザー車検は10回以上経験しているので慣れてしまいました。検査官に「車体番号はここ、原動機はここです」てな具合に。検査官の仕事は厳しいんでしょうか。若い検査官が目立ちます。

残念ながらまた光軸でひっかかりました。ま、これは想定内です。予備車検場に行き、合わせてもらいました(100円値上げして光軸の調整だけなら1100円)。二年前、予備車検場のお姉さんに「もうプラスチックの調整部品が役目を成さないからなんとかした方が良いですよ」と言われて自分で分解してパーツカタログを見てディーラーで部品を注文したのですが「アッシーでしか入手できません」と言われて泣く泣くいらない部品まで買って直していたのでここは心配ありません。なおディアブロはエンジンを止めるとリトラクタブルヘッドライトが落ちてしまうのでエンジンはかけっぱなしで再びラインに突入。光軸も簡単に通りました。今まで光軸の検査は何度も何度も通していたのに…(三回までならお金は同じ。1500円くらい)

今回のユーザー車検でかかったお金は8万円弱(九月に実施したオイル、フルード、冷却水を除く)。

車検、通過です(^з^)-☆


 | BLOG TOP |  NEXT»»