ランボルギーニ ディアブロ スーパーカー 維持

FC2カウンター


プロフィール

さんじゃくぼう

Author:さんじゃくぼう
 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて買わなかったでしょう。


 車は男のモビルスーツ! モビルスーツの差は決定的なんでしょうか...
 
 


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム


27日(木)から、銀座松屋で西尾維新氏の展示会をやっています。

木曜日には声優さんも来ていたとか。

金曜日は送別会だったので無理、土曜日は朝早くから行きました。

荷物が嫌だったので車で行くと到着したのは朝の9時10分。駐車場待ちはまだおらず先頭でしたが、既に行列は松屋銀座を1/4程オーバーするくらいになり、9時半には半周しようか、くらいになって、行列が消えました。

ん? 行列が酷くて中に入れたか?

45分に駐車場が開き、車を入れて行列の後ろに並んでいると暫くして関係者が店内に案内。

展示内容は… 字ばかりで皆さん熱心にお読みで、全く動きません。

ま、特に西尾維新のファンではないのでさっさと出口に向かい、頼まれたグッズを購入しようとすると…

既にTシャツ類は完売┐(-。-;)┌

いやぁ、西尾維新って人気あったのね~(^_^;)

無料券がなければ、絶対来なかったなぁ(松屋友の会に入っていれば、定期的に招待券が送られてきます)。

自分用にマグカップを買い(レジも行列。別に西尾維新のファンではないが、このイベント限定なので、他のシトとはまずかぶらないと思って)出たところにあるアイスクリーム屋のおねーさんに聞いてみるとこの時間なのでこのくらいで済んだが、金曜日はもっと行列だったとのこと。そっか、夏休みだもんね~( ´_ゝ`) そんなことより毎年やっている鉄道模型展を、今年はやらないのかしらん?( ´_ゝ`)

帰り際、行列を見ると階段のはるか下まで続いていました。

恐るべし、西尾維新!(いや、ヲタのエネルギーがすごいと言うべきか?)

その後松坂屋跡に出来た銀座SIXに初めて行ってみました。

おっ、おっしゃれ~( ´∀`)

でかい吹き抜けには草間彌生氏のバルーンがいくつも飾ってあり、素敵なお店がいっぱいです。

でも… う~ん、欲しいものは持っているし、新しくわざわざ買うようなものはありませんでした。

再び松屋銀座に戻り、地下でシェ・シーマと西洋銀座のケーキを買い、オリーブオイル専門店「オリーヴォ」でオリーブオイルを2本買い、メゾン・カイザーでパンを買って帰りました。

銀座は楽しいな( ´∀`)


さて、西尾維新のマグカップでウィスキーをちびちび飲みながら(アイラ島にある蒸留所のウィスキーを、順々に飲んでいます)、今夜も松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに答えていきましょう。


「何月何日のブログにお答えしますと明確にお願いします。いつのコメントに発言されているか解りませんので、先日のコメントにあった様に、明確な質問をされている方々が居るはずです」

コメントを引用してそれについて回答しているのですから、それは不要ではありませんか? 少しでもぼくの負担を増やそうとする作戦ですか?

「たとえ話や比喩は要りませんので
これはあなたが、「公」に自分勝手に発言した責任だと私は思います。
実際の損害は裁判で裁くしかありませんし、それは甲乙での話し。」

意味不明。たとえを使うのは、あなたのような方にも分かるようにするためです。お釈迦様はよくたとえ話をされていました。

たとえ話をされると、あなたは反論できなくなるのではないですか?

あなたのその後に続く「裁判で…」もたとえ話です。仮説でしかないので。実際に裁判にはしてないでしょう?

自分勝手な発言?

「5000km走ったら保証の対象外だ」や「ノークレームで修理した」は、自分勝手な発言ではないのですか?

車を売った後に「ノークレームで販売した」などと、松本自動車はお客に言っているんでしょうね。「それが嫌だったら新車を買えばいい」とか(あ、これはヴェローチェの発言か)。

「しかしあなたは公に対して発言をしましたよね?
ですから公から色々なコメントが来ている訳です。」

この「公」とは誰のことですか? 政府機関のことですか? 別に「国」に対して発言しているではありません。

ランボルギーニ・オーナーや、松本自動車で中古車を買おうと思っている方々に対して発信しています。大衆=個人なんですよ。

何故、松本自動車についてブログで書くことが法に触れないか分かりますか?

「公益性」を追及しているからです。

あなたは法律について素人でしょう?

仮想や思い付きで書くのはやめましょう。

あなたの意味する「公」、つまり「大衆」に「自分は言葉の意味がよく分からないバカなんだ」と発表することになってしまいますよ。

「発信者の視点から色々なコメントに広く薄っぺらな知識をだして逃げるのではなく、正面からお答えいただきたいものです」

その薄っぺらな知識の答えに対して、松本自動車とフユカイな仲間たちは全く答えてないではないですか。

薄っぺらな知識を論破してごらんなさい。

あなたは薄っぺらでもいいから、勉強して少しは知識を持ったらどうですか?

薄っぺらな知識の人間から日本語の誤りを指摘されるのって、恥ずかしくないですか? 悔しくないですか? まともな修理を一度でいいからしてみたらどうですか?

「一ヶ月以上も逃げ回ってくだらない言い訳は誰も聞きたくないしみっともないから書かなくてもよろしい」

時間はかかるが昔のコメントから少しずつ回答していきます、と書いています。

では、一年七ヶ月のほとんど逃げ回って修理を放置した言い訳をしてください。

何度修理してもすぐに壊れ、ディーラーから「整備ミス」と断定されたことに対しての言い訳をしてごらんなさい。

「工場が空いたら連絡する」と言ったにもかかわらず、一年四ヶ月(更新中)も逃げ回っている言い訳をしなさい。

自分達が逃げ回っていることについては何も言い訳もできないでしょう?

それこそがみっともない行為ではないんですか?

そしてあなたの言う「みんな」「世間」はどこに行ったんでしょうね。「(ブログが閉鎖されるまで)がんばる」んじゃなかったんですか?


「私もディアブロ乗りなのでスーパーカー界隈にオーバーホールする工場を選ぶ際はこのブログを見るようにと警鐘を鳴らしておきますね」

はい、お願いします(^o^)

スーパーカー乗りはスーパーカーを愛する仲間です。

松本自動車のような修理工場に大切な車を預けて下手な修理で壊されることがなくなるようになれば、いつかどこかでお会いできる機会が増えることでしょう。


「とうとう松本自動車の関係者の家族を名乗る者からコメントが来てました
まさか非公開にしているコメントの中にあるものではないですよね?
もしそうだとすると、自分で非公開にしておいてそれに対する返事を公開でやるって、見ている人は全く何の事だか判らないし、何の意味があるのでしょうか? 知的とか学力とかを語る前に一般常識というかそのへんを先ずは身につけたらどうでしょうか」

「自分で非公開にして」はいないので、このコメントはまず、前提から間違っています。下衆な勘ぐりはおやめなさい。

「一般常識を身につけたら」は、あなた自身のことではないですか?

間違っているのだから謝罪しなさい。

また、松本自動車の家族を名乗る者からのコメントは「非公開」では来ていないので、公開しても何の問題もないんじゃないんですか?

それに引用する形で公開もしています。

ホント、馬鹿馬鹿しくなってくるコメントですな。ましなコメントを送ってきて「非公開にするのか!」だったらまだ分かります。知性が溢れるようなコメントを書いてみなさいな。で、もちろんこちらの意見に対しては回答せずに逃げ回って、違うことを書いてくると。会話のキャッチボールができないんですよね。

「都合の悪いコメントに逃げ隠れしてないでさっさと皆々の意見に1つづつ返信したらどうですか?(原文のまま)」

バカ過ぎるコメント全てに答える必要はないと思っています。

とは云うものの、真面目にできるだけ答えています。にもかかわらず、ぼくから質問すると、「逃げ隠れ」して沈黙しているのは、松本自動車とフユカイな仲間たちではないですか? また「1つづつ(原文のまま返信したらどうですか)」と今度は書いてきて、以前は「どうでもいいようなコメントに答えて」ともあり、「どっちにせいっちゅーんじゃい!」って気分になりますな┐(-。-;)┌

たとえばアイドルのラジオ番組にハガキを出して「来たハガキ全部に回答してください」って書くようなものです。こーゆー発言こそ「一般常識がない」と言えるんじゃないんですか? また、自分のコメントに答えろ!とか、まさに自分勝手な主張。日本語のおかしい意味不明のコメントや、以前と同じ内容、或いは全く面白くないものにまで答える必要はないでしょう。

大体、ぼくに都合の悪いコメントってどれのことですか? 何をもって「都合が悪い」と思っているのですか?


「なんだかんだ理由をつけて結局できないし、やらないでしょうけれど」

と主張しますが、やっとこのコメントまでたどりつけました。「できない」わけでもなかったし、「やれない」わけでもなかったですね。ただ、松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷コメントが多過ぎる上にあまりにもバカコメント過ぎて、答えるのが面倒になり、少しずつ答えていただけです。

間違っていたんだから、謝罪しなさい。

逆に、こちらの質問に対してまとな返答をもらっていません。少しは返したらいかがですか?

あなたの言う「皆さん」「世間」が、松本自動車とフユカイな仲間たちからの回答をお待ちかねなんですよ。


「主の日本語おかしいところがブログタイトルにあったので指摘しておくね

貧乏ランボルギーニ・ディアブロ・オーナーの維持日記
貧乏なので携帯写メのみ。理想のタイプは「戦国鍋テレビのレイナちゃん」

携帯で撮影した画像をブログにアップ

だろ」

はい? これは省略せずにきちんと書け、と言う意味ですか?

だとすると、あなたの文章も

携帯電話に付いているカメラで撮影した画像をメールに添付してブログにアップロードして…

とすべきでしょう。

これは掲載する際に文字数の制限があって簡略化しているだけであり、どこが「日本語がおかしい」と言えるのですか?

あなた、以前もそうでしたが、「アップ」の意味を知らないでしょう?

「だろ」って言われてもねぇ。

「間違いを指摘」するなんて言っておきながら、こんなにお粗末さを指摘されるはめになって、恥ずかしくならないんですか?

これがあなたの言う「正論」なんですか?


「見ていて切なくなるほど恥ずかしいです
こういう風になりたくない典型だと感じる方が多いのでは

松本自動車も、クレーマーに絡まれて気の毒だと思います(^_^;」

ディーラーが「整備ミス」と断言していることを書いて、それのどこがクレームなんですか? まともな修理もできないボンクラ整備工みたいになりたくない、って思うものでしょう?

気の毒なのは、400万先払いしたにもかかわらず、わずか半年でバルブ・クラッシュ、再修理をさせれば一年半以上も放置され、すぐにまたエンジンが壊れた車とその所有者ではないんですか?

1億で家を建てたら欠陥住宅、クレーム修理させたらまたすぐに家が傾いたので修理を依頼したら、「うちも商売だから」と言って修理を拒否するようなものじゃないんですか? どれだけ狂った主張をしているか分からないんですか? バカなんですか?

「驚き桃の木山椒の木」(9/5)のブログに来たコメント

「自分を客観的に見ることの出来ない人の典型ですね。主が関係者と決め付けていますが、ここ最近の意見の八割方は壊れた事実より主の問題解決の方がおかしいと言っているのが理解できないのでしょうか?」

理解できません。事実は事実です。あなたは事実を曲げてでもすぐに直った方が良いから黙っているべきだと云う考えなんですか? それは卑怯者の考えであり、このブログを読んでくださっている方々を裏切る行為になるのでやりません。問題は「松本自動車の整備工の森俊匡氏は優れた整備士かボンクラ整備工か」であり、結局ディーラーにより「ボンクラ整備工」と判断されたではありませんか。ディーラーにより、ぼくの主張は正しいと証明されたんですよ。それにコメントの数ではなく、アンチの人数と賛同者の人数で比較すべきでしょう。

「それを言っているにもかかわらず、だって松本が…と言う具合でだだをこねる子供と一緒
大人ならば法律に照らし合わせ行動を起こすのが普通
その前に依頼先ときちんと話しをするのも普通
話をしないで誰かが何とかしてくれると、ウェブ上で色んな発言をするもあなたの幼稚さがばれて味方無し
まぁなにを言っても自分に向かないコメントは聞く耳持たずなんでしょうから、今後日本中に恥を晒せば良いかと。」

何かだだをこねましたか? 松本自動車の整備工はボンクラ、松本自動車は無責任であると主張しているだけで、松本自動車に対して「早くしろ!」「安くしろ!」なんてだだをこねたことはありません。読めば読むほど意味不明で「はぁ? 」となってきます。ぼくか何か法律に抵触するような行為をしましたか?

修理見積りニヶ月なのに一年七ヶ月もかけたり(そのほとんどが放置)、まともな修理ができなかったり、ましてや壊して返すような犯罪行為をした整備工についてブログで発表しているに過ぎません。あなたは事実を曲げてあることないこと書くしか反論できないのですか? そんな姿勢が無責任であり、ボンクラであり、性格が悪いと批判されたのですよ。嘘をついてまで他者を貶める行為こそ、恥ずべきものです。

さらに「味方なし」と続きますが、ブログを読む方々に何かお願いしたことがありましたか? 松本自動車としてはこのブログが沈黙することを願っているから自分に味方する第三者を欲しているのでしょうが、ぼくは情報発信しているに過ぎません。松本自動車がクズな行為をしたり主張するので、「ブログのネタ」にしているだけです。

「早く車治して(原文のまま)冷たい目線を体感したほうがあなたの為に良い事かと(「目線」より「視線」の方が良いですね)
事情を知らない人は車を見ればランボだ!!と寄って来るのに違いありませんが、その運転する人を警戒するなら、逃げるでしょうね
つまり持ち物なんてそんなもん 使い手なんでしょう!」

これも何が言いたいか、何故こんなことをコメントしてくるか意味不明。「早く車を直して冷たい視線を感じること」がどうしてぼくにとって「良い事」と言えるのか、説明がありません。その後無関係な支離滅裂な事を言い出しています。

「10年無事で、とうとうボコボコ壊れる故障時期に入っただけの事じゃん
調子の良い車は未来永劫調子が良い!とでも思ってんだろうか? このバカ」

「ボコボコ壊れる故障時期」と云うことにして、責任を取りたくないボンクラ修理工視線の意見ですね。

いたるところがボコボコ壊れるわけではなく、オーバーホールしたばかりのエンジンが調子が悪くなり、何度も壊れるようになったのです。「故障時期」に来たわけではなく、整備工の整備ミスだとディーラーが判断しました。自分に都合のいい幻想を語られても賛同できませんなぁ。

ヴェローチェが逃げて連絡を寄越さなくなったので別料金を払ってディーラーで修理をした結果、整備工のミスで壊れたと云う真実が明らかになりました。

勿論、ぼくの車がボロだから壊れたわけではありませんでした。だってオーバーホールとは古くなったりボロくなった部品を交換して新品同様にすることなんですから、オーバーホールしたばかりのエンジンが「ボロだから壊れた」と云う松本自動車の主張には無理がありました。

だからこそオーバーホール後わずか半年でバルブ・クラッシュしたエンジンを、ヴェローチェは自分の負担で修理することにしたのでしょう。

松本自動車と整備工は自分たちのミスを猛省し、心を入れ換えて仕事をしなければ、お客は減る一方でしょう。

「お客の車がボロだから」とか「お客がバカだから」などと自分たちのミスを棚上げしてお客に責任転嫁するような無責任で往生際の悪い主張をせず、嘘を垂れ流したりせず、素直にミスを認めて責任を果たしたらどうですか? ディーラーが「整備ミス」と判断しているのですよ。

そんなことだから技術は上がらず、金儲けに走り、お客はどんどん逃げてしまうんじゃないんですか?

それはぼくがミーティングであなたの言う「目線」を感じるような事より、会社の存亡にかかわる大事なことじゃないんですか?



それでは今回もこれくらいで終わりにしましょう。

続きはまた次回にしますか。松本自動車とフユカイな仲間たちからあまりにも自分勝手で幼稚なコメントがまだまだたくさん来ていますから。


スポンサーサイト

森の時計

昨年の11月に日本橋横山町にある森の時計でドイツ製山小屋からくり鳩時計(オルゴールはスイス製)、モデルNo.86740T(356,400円!)を買ったのですが、8ヶ月足らずでからくりが動かなくなりました。

で、電話で症状を話すと、着払いで送ってください、とのことでした。

それから三日程(土日をカウントしないと1日)で電話が来て直ったとのこと。なんでもドイツの職人の中にもうまい下手があって、あまりうまくない職人が仕上げただろう、とのことで、修理して翌日には送り返してきました。

とても迅速で丁寧な対応。

ちなみに森の時計は先日「シューイチ」で紹介されていましたね~( ´∀`)

いつの間にか名前が「鳩」さんになっていたりして… (^_^;)

それより、お店で一番高い鳩時計を買ったはずだったのに、それより数万円も高い鳩時計が入荷されたとは…

なんか、ずるい… ( ´△`)


ちゃんとしたお店なら、自分にミスがなくても販売した責任を取り、これくらいはするでしょう。にもかかわらず、ヴェローチェは一度は責任を取ったものの、二度目は「うちも商売だから」と言って松本自動車の整備工のミスの責任を取ろうとはしませんでした。さらに自分のところの整備工がミスしたにもかかわらず、松本自動車自体も「ノークレームで修理した」と主張して責任を取ることは一度もありませんでした。

こんなグズでダメダメな修理工場など聞いたことはありません。

被害者が二度と出ないようにしなければならないでしょう。

再修理に出して一年以上経ってから(ブログに松本自動車の整備工の名前を書いて3ヶ月くらい経ってから)ヴェローチェから「いろいろな方からブログの内容について聞いています」とメールが来たことがありました。その時「彼らはぼくの仲間ですからブログに書くのはやめてください」ともメールに書かれてありました。

何か、嘘が書いてありましたか? お金をもらってしまったら、それで終わりなんですか? 自分たちが書かれて困るような行為をしておいて「(ブログに書くのは)やめてください」は納得できませんよ。

アウトモビーリ・ヴェローチェはこのまま謝罪することもなく逃げてしまうつもりなのでしょうね。

ヴェローチェが紹介してくれた修理工場は、松本自動車以外は全て良い修理工場だったんですけれどねぇ。

とても残念です。



では、松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに今日も答えていきましょう。

「質問です貴方は、散々誹謗中傷を撒き散らし自分の立場が悪くなったら逃げてコメントさせない、最後までケジメをつけて終わりにするのが人として当然だと私は考えます(原文のまま)」

現代版ドグラ・マグラか!?

最初に「質問です」と言っておきながら質問がない(゜ロ゜)

整備工のミスで壊れたんですから、最後まで責任取ったらどうですか?

逃げ回っているのは、ヴェローチェと松本自動車ですよ。

「質問です?このまま逃げて済む問題なのでしょうか?
正しい日本語で説明してください。個人名まで出し騒がしたのは、貴方なんですよ」

「貴方が、隠れれば隠れるほどコメントは、続きます、貴方! 貴方のミスは、間違いは言及しないのですか? 男らしく回答してください。さわがしたのは、貴方なんですよ。」

文体が一緒ですね。

ぼくにミスがあればちゃんと言ってみてください。何に答えたらいいのか意味不明なので、このままでは回答しかねます。それより突然ずっと沈黙して逃げ回っているのは、松本自動車とフユカイな仲間たちではないのですか?

「みなさん頑張りましょう!これからは、根くらべです、必ず承認待ちは、解かれますそれまで頑張りましょう!」

ぼくが承認待ちにしているわけではありません。嘘をつくのはお止めなさい。

「謝罪してください。あたりまえのことをしてくださいそこで働いていた従業員の家族です貴方の正しい日本語で職を無くしました。子供4人います。」

もしそうだとしたら、クビにしたのは松本自動車の社長じゃないんですか? その理由は日本語が間違っていたからなんですか? 違うでしょ? 杜撰な修理をして客に迷惑をかけたんですから、自業自得じゃないんですか? それなのに、ぼくがどうして謝罪するのですか? ミスをしたのは森氏であり、それにもかかわらず責任を放棄したのは松本自動車です。謝罪するのは森氏や松本自動車じゃないんですか?

「せめてコメント認証されたらどうですか? 自分が発言する時は、誰が悪か一方的に発言するくせに、分が悪くなるとコメント公開しないってお話になりません」

別にぼくが承認待ちにしているわけではないのでほっときましょう。いちいち承認するのは面倒だし。こうして本文で紹介しているのだから、別に構わないんじゃないですか。そもそもまともなコメントではないですし。そんなに自分の意見を発表したいのなら、松本自動車のホームページで紹介した方がいいんじゃないですか。

「ぼくはヴェローチェの昔の修理工のことが信用出来なくて修理から戻って来たら必ず点検する、と言ってました。
松本自動車の修理工も信用ならなかった
=なら修理に出すなよ ばかなの?」

ヴェローチェとは10年以上の付き合いがあったし、地方で壊れた時もすぐに調べて修理工場を紹介してくれたので、多少のことには目をつぶりました。

松本自動車は最初からまともなオーバーホールができなかったし、一度もまともな修理ができなかった。整備工はまさにボンクラで、それにもかかわらず松本自動車は責任を取ろうともしなかった。

だから3回目の故障の時は呆れて「松本自動車以外で」と条件をつけました。

ヴェローチェの整備士は確かにミスはあったけれど、ヴェローチェはそれをフォローしようとする男気がありました。

それなのに「松本自動車がノークレームで修理したと言っているので」とか、変わってしまったんですよ。

「逃げて逃げて逃げて済む話ですか? 一番だらしなく人間として最低なのは、あなたです。ケジメをつけて終わらせるべきです。正論に答えられない卑怯なバカが、知的とかすでに貴方はブログ上で裁判員裁判を受けているようなものです。
同じ言い回しにはみなさん飽きていますし、発言した結果、多くのコメントが寄せられている訳ですから、きちんとお答えしたらいかがですか?」

はい、少しずつですが、きちんと答えていますよ。時間がかかるのは、こんなどうでもよいコメントや誹謗中傷嫌がらせコメントを送りつけてくるからです。

で、こちらの質問には全く答えずに逃げてしまっているのは、松本自動車とフユカイな仲間たちの方ではないですか。ディーラーが「整備ミス」だと言っているにもかかわらず、松本自動車やヴェローチェは、最後まで責任を取ろうともせず、結局逃げてしまったんじゃないですか(-。-)y-゜゜゜


何度か書いていますが、まともな整備やオーバーホールができないのなら最初っから断れば良かったんじゃないですか?
ボンクラ整備工の森俊匡さん(# ̄З ̄)

何度も同じ繰り返しを言っているのは、松本自動車とフユカイな仲間たちだから、それに答えるぼくは、何度も同じことを書くはめになっているのですよ。

自分たちのミスなんだから、ケジメをつけたらどうですか?

整備工のミスでオーナーに迷惑をかけたんだから、オーナーに謝罪すべきではないんですか?



森の時計の対応に比べて、まさにグズ対応だった松本自動車。

ぼったくったオーナーの皆さんに謝罪して、返金してもらいたいものです。

あ、卑怯にも逃げてしまったし、そんなまともな人間じゃないか┐(-。-;)┌








パッソの整備

パッソを買って5年。ここ半年のパッソは消耗品の交換時期にきているようです。


昨年の12月、2~3ヵ月前からどうも右後ろのタイヤの空気が抜けるようになり、一ヶ月もすると1.8くらいにまで空気圧が下がるようになりました。タイヤ店に行くと「パンクしています」と言われました。釘が刺さっていたようです。

最近のタイヤは性能が良すぎです(^_^;)

パンクとは分からなかった〰️


前日まで普通に動いていたのに、朝、エンジンがかからず、充電してもかからず、新しいバッテリーを買いに行きました。 交換すると、嘘のようにかかりました。

最近のバッテリーは性能良すぎです。も少し「前兆」を出してくれないと、バッテリーなのか他が原因なのか、分かりません(テスターで測ってみれば良かった)。

1月。ブレーキを踏むと「シューッ」と音が鳴るようになり、慌ててトヨタに連絡してブレーキ・パッドの交換をしてもらいました。

自分ですれば良かったんでしょうが、忙しかったのでディーラーに頼みました。

「もう1mmも残っていませんでしたよ~」と言われました。

5月下旬、車検が切れてしまうのに平日休みが取れず、母の三回忌の追善供養の日にぶち込みました。

間に合うのは最後のステージ。最後の時間に予約を入れ、お寺から直接陸運局に持ち込みました。するとなんと光軸で引っ掛かってしまいました。

予備車検場に持って行って戻って来たら、間に合わない…

すると、天の声がどこからともなく聞こえてきました(スピーカーからおっちゃんの声で)。

「車が曲がってるよ~」

良かった~( ´∀`)

車をまっすぐにして再度光軸検査して無事に終了。

ふう。

6月、ブレーキ・フルードとエンジン・オイルとフィルターを交換しました(3リットルちょっと必要ですが、きちんと抜けるわけでもないので、3リットルでも十分でした)。

パッソのブレーキ・フルードの指定はDOT3なんですが、ディアブロと同じものにしました。つまり、ワコーズのSP4。いっやぁ~、贅沢ですが、ディアブロのブレーキ・フルードを交換した時のものが余っていたので、新しく買うよりかはいいかな、って思って(^_^;)(0.5リットルくらい使いました)

これが車の厄年(故障とかではありませんが)かしらん?




さて、それでは今回も松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに答えていきましょう。

山本さんから「本当にこんなひどい人達なんですか?」と云うコメントをいただきました。

はい、松本自動車は、ランボルギーニ・オーナーのためにならない修理工場だと言えます。適当な修理やオーバーホールをしても、「あんたの車がボロだから壊れた」と言い張る連中です。その理屈なら、ミウラやカウンタックなどの古い車が整備ミスから修理終了直後に燃え出しても、「あんたのカウンタックがボロだからだ」と言い出しかねません。松本自動車はホームページで「ディーラーより安い」と書いていますが、まさに、適当な整備だからこそ安いのです。オーナーの皆さんは、安物買いの銭失いにならぬよう、お気をつけください。

「迷惑をかけた方々に謝罪してから終わりにするのが常識だと思います。謝罪してください。勝手に言いたいことブログして関係者に迷惑かけたのですから
自分は言いたいことを言って人の意見は検閲かけるんですね
あきれます」

被害妄想甚だしい。検閲ってなんですか? どうやってかけたと言うのですか? もし、ぼくが検閲をかけておらず、あなたが間違っていたら、謝罪してください。

それと、今までぼったくった方々に謝罪してから閉店するのが常識だと言えます
。謝罪してください。適当な修理をして多くのオーナーに迷惑をかけたのですから。
自分達に都合が悪いことは読んでないフリですか? 呆れました。

ってな感じですかねぇ。

「本当最低な男だな おまえは! こんどは逃げか、偉そうなことばかり言いやがって! 謝罪してから関係者にお詫びしてから終わりにしろよ! 最後くらい男になれ!」

ぼくは逃げも隠れもしません。逃げているのは「工場が空いたら連絡します」と言って連絡をしてこないヴェローチェじゃないんですか? 適当な修理をしたり壊して返してきて「うちはノークレームで修理した」と言い出した松本自動車こそ逃げて責任者を取らなかったと言えるんじゃないんですか? 男だったら、ミスをした責任を取れ!


「あはははははっ
やっぱこんなもんよ
散々言ってきて正論まともにぶつけられたら更新もできない
恥ずかしがろうが苦しかろうがあんたがブログに対しての意見なのよ
すべて あんたが目を瞑ろうが発信しちまった事実は変わらない
馬鹿だからしかたないわな
せいぜい後悔してなさい」

何を後悔すると云うのでしょう?

松本自動車の整備工こそ、杜撰なオーバーホールをしたことを悔いなさい。松本自動車は、整備が悪いことを認め、お金持ちからぼったくったお金を返し、心を入れ替えてまともな整備工場になったらいかがですか?

それにしても、「正論」って、おかしな日本語で、知性の低い「バカ」「アホ」などの言葉を多用した誹謗中傷嫌がらせコメントのことですか? 「有事の時のパッソだろ!」とか、「葬儀では…」などの意味不明或いは妄想コメントのことですか?

自分の狭い見識で「正論」などと言うから、ボロが出るし、ツッコミどころ満載なるんですよ。

お粗末な日本語で「正論」などと軽々しく使われると、イラっときますな。

自分の考えを伝えるのは、言葉。その言葉が見違っていたり適当だったり「ニュアンスでいいんだ」などと言う人間は、自分の考えを相手に伝える能力が劣っているのでコミュニケーションを取るのに苦労し、理解されない苛立ちからか安易に「バカ」「アホ」などの言葉を多用するのでしょう。まさに、小学生並のコミュニケーション能力です。つまり、「バカ」で「アホ」などと言う人間こそ、「バカ」で「アホ」なんですよ、松本自動車とフユカイなお仲間たちの皆さん。

小学生と並んで、まずは日本語を勉強したらどうですか?

「もう一度言いますよ
何を言われても、あなたの発信したブログに対しての意見なんですわ
相手の松本なりベローチェはなんも発信してないわけよ
大人だね
馬鹿な発言をあんたが自分で発信してんだからさ
ブログ運営にあたって強制や義務もなんにもない
それをあんたは公に向けて「自主的に」いろいろ言ってきたわけだ」

いやいやいや、親切におかしな日本語を添削までしてあげて答えてますが?

それに対してまともな討論をしようとせず、逃げ回ることしかしていないのは、松本自動車とフユカイな仲間たちじゃないんですか?ち

で、あなたはどうして「松本なりベローチェもなんも発信してないわけよ」と言い切れるのですか? ただ、このブログを読んでいる方々にそう思わせたいからでしょう? やっていることが幼稚で見え見えなんだよねぇ。

「公から総攻撃を受けるのも自分の責任だろ?
言いたいこと言って都合が悪くなると許可制だ?
どれだけ自分が辻褄合わない事言ってきたんだ?
言われて当然
発信者のほとんどはあんたの考えに賛成出来ない
その性格に腹が立つ イライラするってのがほとんどなんだよ」

まず「(ぼくが)許可制にした」と云うことですが、ぼくは何もしていません。間違っているのですから、訂正し、謝罪してください。

もし、総攻撃を受けたのなら、そのような可能性もあります。で、これくらいのコメント量が「公からの総攻撃」なんですか? 総攻撃ならもっと多くの意見があるでしょう。2~3人でやっているから言っていることが同じなんですよね。この頃は「誹謗中傷コメントを送っているのは松本自動車の関係者ではない」と「(ぼくの車を)修理してくれる工場はない」の二つですな。

で、追い詰めようと「ほとんど」とか「普通は」と冒頭に付加する。「ほとんど」とか「普通は」などの言葉は思考停止の常套句なんですよ。「おれの意見が大多数であり一般論だ」と思わせて相手を黙らせ、説明しなくてもそれで済むようにしたいだけ。

「ほとんど」と言える根拠はなんですか?

多数決で正誤が決まるんですか? 違うから国会では討論しているんでしょ?

だからあなたのコメントは胡散臭さが消えず、心に響かない。思考停止しているから、「ほとんどは」と云う言葉を頻繁に使う。

「いい加減アンチは関係者にすんのもいい加減にしろ
もうあんたの車 直してくれる会社はないだろうね
やりすぎだわ」

これも追い込もうとした嘘でしたね。ディーラーが修理を引き受けてくれましたから。誤りを認め、謝罪してください。





今回も全く得るもののない、お馬鹿なコメントに終始していました。

そろそろ返事に困るような意見を送ってきてごらんなさい、松本自動車とフユカイな仲間たちの皆さん( ・ε・)





えっ、川越美和さんが9年前に亡くなっていた!?

デビュー当時は特別好きなわけではなかったのですが、「~1991~ まだ神様が眠っているあいだに」と云うアルバムを聞いてからファンになりました。写真集も買いました。

そんな彼女が酒浸りと薬漬けの日々で最後は羽田空港近くのアパートで孤独死だったのかぁ。

切ないものですね。


それでは今日は「フェラーリ乗り」さんからの長いコメントに対して答えていきましょう。

『「稚拙なアンチのコメント」と「松本自動車のメカニック(の整備)」を区別して考えるべきです。』

全く関係無いならそうでしょう。

たとえ稚拙で意味不明な日本語のコメントだとしても真摯に答えようと思っていますし、「稚拙なアンチのコメント」の内容の大半が「松本自動車のボンクラ整備工」と密接に関係しているのなら、区別する必要はないと考えます。あなたはちゃんとコメントを読んでいますか? 無責任な松本自動車の仕事っぷりはディーラーから「下手な整備」とのお墨付きをもらったにもかかわらず、アンチコメントのほとんどは、ボンクラ整備工をなんの根拠も無く擁護しているに過ぎないのですよ。

松本自動車の仕事は、ここで整備をした全てのランボルギーニのオーナーの命を危険にさらし、ランボルギーニは壊れ易いと云う不名誉な伝説を作り上げ、ぼくのような貧乏でもランボルギーニが好きで収入の大半をランボルギーニに注ぎ込んでなんとか維持している庶民派オーナーを駆逐してしまいます。そんな無能なボンクラ整備工を擁護する理由はなんですか?

ぼくは森氏のようなボンクラで怠惰な整備工や、修理を放置したり適当な整備をして大金をせしめようとする無責任で自分勝手な松本自動車のような悪徳整備工場について実名で書き、他に犠牲者を出さないようにしたいと思っています。

松本自動車が反省すれば実名を書くこともなかったでしょう。しかしながら大金をもらってしまうと適当で稚拙なオーバーホールをしたり、ディーラーから笑われるような情けない仕事をしておきながら責任を取らないばかりか、誹謗中傷嫌がらせコメントを大量に送り付けてくるような性根の腐った連中を許すわけにはいきません。

ミスをしたらせめて反省したらどうですか? そして、責任を取るべきじゃないんですか?(松本自動車とフユカイな仲間たちは「故意でなければ責任を取らなくてもかまわない」「ぼったくって何が悪い」なんて主張していましたね)

『公人では無いメカニック個人を「実名」で罵倒し続ける事は「事実の如何を問わず」名誉毀損行為(刑事告訴対象)です。悪いのは向こうだは言い訳になりません。

はい、心配してくださって恐れ入ります。でも安心してください。松本自動車とフユカイな仲間たちのような人格攻撃はしていません。松本自動車の無責任な対応と、森氏の整備士としての能力の低さ、アンチコメントの日本語の誤りについて指摘し、誹謗中傷嫌がらせコメントシトツシトツに答えています。ごっちゃにしているのはあなたです。ぼくは「松本自動車とフユカイな仲間たち」と書いているにもかかわらず、あなたは「メカニック」と限定しています。これも自分に都合が良い論評に持っていくためのレトリックです。

今や料理人も名前が出る時代で、ケーキはまずくてもそこそこのルックスの辻口氏のようなパテシェがテレビで活躍しています。腕よりルックスや肩書きで人気店になる。おかしな話だと思います。スーパーカーの整備士だってディーラーにいるから、なんて理由だけでチヤホヤせずに、技術力でフューチャーされるべきではないでしょうか。森氏だってランボルギーニ江戸川時代にTECK総研によるインタビューに実名で答えていたではありませんか。「ランボルギーニのディーラーの整備工」の肩書きのおかげでインタビューを受けられて良かったですね。

それに美容師だって「カリスマ美容師」としてテレビに実名で出演する時代です。美容師は「公人」ですか? 医者はどうですか? 「名医」って言われて実名でテレビに出ていませんか?

パテシェや美容師や医者は公人で、整備士は一般人だと云う線引きをする根拠を教えてください。ちなみに森俊匡氏の名前はインターネットで検索すれば出て来ます。

大体あなたも「フェラーリ乗り」なら、フェラーリをいじったことの無い新人整備士に整備を頼みたいですか? フェラーリの整備のベテランで、仲間内で評判の良い整備士に頼みたくないですか? もしあなたが事故で怪我をして重症を負い、生死の境をさ迷っている時、インターンやヤブ医者に手術をされたいですか?

ぼくがディアブロを買ったばかりの頃は全く情報がなく、「ランボルギーニ」と云うだけでほとんどの保険会社から断られ、自分で整備する方法も分からず、大変苦労しました(長い付き合いのE2Cの会長さんがヴェローチェでカウンタックの整備を任せている、と云うので、ぼくもヴェローチェに修理を依頼することにしました)。

自分の自慢話のようなブログにはしたくない、オーナーやこれからランボルギーニを買おうとしている方の参考になれば、と云う思いから始めました。知った情報は全て公開しました。ですから何度もブログに「オーナーやこれからランボルギーニに乗ろうと思っている方にベクトルが向いている」と書いています。それなのに整備士の名前を挙げないのはおかしくないですか? ランボルギーニ江戸川時代にインタビューされた時は名前を出されることに歓迎で、ミスをした時は名前を挙げると罵倒だ、って考えなんですか? ミスをしたら責任を取ってきちんと修理をすればいいだけのこと。修理を放置したり、適当なオーバーホールをしたり杜撰な修理をしたり、さらに壊して返したりしておいて、「実名で罵倒」と決めつけていますが、それってどこが「罵倒」になるのでしょう? 一度ならず二度三度とすぐに壊れるよう整備をするだけでなく壊して返すんだから、ボンクラじゃないんですか? (ちなみにオーバーホール直後、秩父に行った時にエンジンの調子が悪くなり、現地で調べてみるとイグナイターの端子が耐熱板に干渉していたので、イグナイターの取り付け位置を直して帰って来たことをブログに書いてあります。まさに、最初っから松本自動車の整備工のボンクラぶりを示すエピソードではないでしょうか)

「ボンクラ整備工」と呼ぶことは罵倒ではありませんよ。言ってみれば「○○シェフの作る料理はまずい」と云う感想と同じです。「料理の中にゴキブリが入っていた」と書くのと変わりません。犯罪者の名前を挙げて「鬼畜」とか書くと名誉毀損ですか? まともな整備の出来ない整備工に「名誉」なんてないでしょう?


「コメントを書き込んでいるのはおもしろ半分で煽る「なりすまし」というのも容易に想像が付きますし、あなたへの誹謗中傷はあなたが匿名なので名誉毀損には該当しません。」

それは全てあなたの想像の産物です。「なりすましだと容易に想像」できる根拠を教えてください。そして、誹謗中傷嫌がらせコメントは松本自動車関係者とフユカイな仲間たちからではないと証明してください。それと、匿名だとしても、誰かと分かる書き方をしていればそれは名誉毀損に該当します。判例を知らない法律の素人ですか?

「ヴェローチェしか知り得ないあなたの個人情報をアンチが知っているから松本自動車関係者に違いない、があなたの論拠でしょうが、それは憶測でしかないし、「アンチ=松本自動車」の前提が崩れたらあなたの理論はただのクレーマーです」

それは「もし~ならば」と云う憶測で話を展開していますね。で、犯人しか知り得ない事実を知っていたとしても、犯人ではない、と云うご都合主義の持論を展開する。

「書き込みの確たる証拠も無く松本自動車を悪人扱いして攻撃し続ける姿勢は営業妨害にも繋がるし、仕事を請け負ったのがヴェローチェであれば(道義的では無く)「法的」責任は「ヴェローチェではなく松本自動車しか知らないこと」を書いてきていてもヴェローチェであって丸投げ先の松本自動車ではありません」

ぼくは松本自動車に損害賠償を請求しましたか? 「法的」について論議することは弁護士に任せておけば良いではないですか。このブログはオーナーやこれからランボルギーニに乗ろうと思っている方にベクトルが向いている、と何度も書いています。つまり、松本自動車の整備工のウデについて議論しているのです。そして修理を放置しておきながら、「修理を止めたのはオーナーの責任だ」と自分勝手な主張をし、ミスがあっても責任は取らないとする松本自動車の姿勢についても問題だと言っているのです。

あなたはなんとか松本自動車の無責任さ及び松本自動車の整備工の無能さから目を逸らさせようとしていますが、ぼくがこのブログを読む側だとしたら、重要なのは責任が誰にあるかではなく、松本自動車の整備工のウデは良いかどうか、松本自動車と云う整備工場は責任感があってトラブルなどに真摯に対応してくれるかどうか、大切な車を安心して預けられるかどうかです。ヴェローチェは仲介者であって、別にヴェローチェを通さずに森氏のウデを見込んで直接松本自動車に修理を依頼しようか、と、考えてもおかしくありません。たとえば著作権から仲違いしてしまって、再放送さえ絶望的なアニメ「キャンディキャンディ」。著作権がどうのこうのに興味はなく、純粋に「キャンディキャンディ」をまた見たいファンはたくさんいることでしょう。当事者ではない限り、支払いについて裁判になるのかどうかなんかより、スーパーカーのオーナーなら、松本自動車に自分の愛車を修理に出して大丈夫かどうか、の方が気になるもんですけれどね。

あなたはその後のコメントでも主題から逸れた不毛なコメントしてきます。これについては後程書いていきましょう。

「エンジンが壊れた事に関して糾弾する姿勢とアンチをメカニック本人と決めつけて罵倒することを混同してはいけないし」

いえいえ、アンチは松本自動車の関係者と仲間たちと書いていますが? あなたはこのような勝手な解釈をよくしますよね?(これについても後述します)

「今のあなたはエンジンが2度壊れた当事者であると同時に証拠無く実名で個人を攻撃する加害者になっています」


今のあなたは証拠無く誹謗中傷嫌がらせコメントを送ってきているのは松本自動車関係者とフユカイな仲間たちではないと決めつけ、ぼくを攻撃し、ミスリードさせようとする加害者となっていますって云う感じかな~( ・ε・) 「証拠なく」? ディーラーが「修理が悪い」と言っているんですか?

「「連絡が来ない」とぼやいたところで、先方にしてみれば全てを逐一公開する相手に連絡や腹を割った交渉など出来るはずがありません。」

つまり、ヴェローチェや松本自動車は、ブログに書かれたらまずいことをしていたんですよね?

当初ヴェローチェから修理のついでにオーバーホールを勧められ、オーバーホールに400万くらいかかるけどと言われ、それ以上かかってもいいから10年はエンジンを下ろさないで済むように徹底的にオーバーホールをしてくださいと依頼し、400万円先払いしました。ところが修理から戻って来て半年でバルブ・クラッシュしてしまった。その4ヶ月後に呼び出されて松本自動車に行くと、修理をせずに放置していたことを告げられた。それを書かれて困ると言うのなら、それはヴェローチェ及び松本自動車の対応、そして森俊匡氏の技術力が低いことを世間に知らされるとまずいから、腹を割って、つまり、ブログでバラさない代わりに裏取引をしたいと云うことですか? あなたは松本自動車関係者ではないと主張するのに、やけに松本自動車側の内情に詳しいようで( ・ε・)

残念ながら、ぼくはそんな裏取引には応じませんよ。そんなことをしたら、こんなブログでも読んでくださる方々を裏切ることになりますから。

「それともプロバイダーからの情報開示で個人を特定できているのでしょうか?」

あなたは、本当のところ、このことを一番知りたいんですよね? 後にあなたのアカウントからコメントすると「承認待ち」になるところから、実は散々誹謗中傷嫌がらせコメントを送っていたシトリで、それがプロバイダーから開示された情報をぼくが得て、訴えられないかと心配になっているんでしょう?


松本自動車の整備工は適当でずさんな修理をしてもランボルギーニはそんなものだとオーナーは思い込んでいるから誰からも文句を言われることなく、松本自動車は「○○km走ったから保障しない」とか「ノークレームで修理した」などと主張してどんどんお金持ちからぼったくり、オーナーはいつも騙され、泣き寝入りしていたのでしょうね。

で、ブログでそのことを公開され、商売を邪魔されて怒った、と。そこで誹謗中傷嫌がらせコメントをたくさん送りつければ沈黙すると考えたんでしょう。「ブログを閉鎖しろ!」って言ってますし。

それが逆効果となったと分かり、今度は沈黙することにした。

分かり易いですねぇ。

「あなただって誰にでも言いふらす口の軽い人に大切なことを話さないでしょう」

口が軽いと仕事の話をしないんですか? ここでも「大切なこと」と「仕事のこと」を故意に混同させていますね。「大切なこと」と「仕事のこと」は別々に考えるべきではないんですか? 口が軽いシトとは、仕事の話をしないんですか? お客さんが口が軽いと整備状況も整備内容も話せないんですね? そいつは驚いた! 個人情報も情報公開法に基づく不開示情報もお客さんの車の整備内容も進捗状況もごっちゃにして理論を進めていしまうから、不毛の会話となってしまうのですよ。お金を出すスポンサーに「あなたは口が軽いので、ドラマの内容は話せません」なんて言う制作会社がありますか?

「加えてヴェローチェから「止めて下さい」を無視し誹謗中傷を書き続け自らショップとの信頼関係を壊して返したりいるのですから、もはや連絡も来ないし、関わりたくも無いし、誰も助けてはくれないでしょう。」

人格攻撃を始めたのは、松本自動車とフユカイな仲間たちです。ぼくがブログで書いたのは、松本自動車の森氏の技術力に対する不信感と、修理を放置する松本自動車の姿勢について、です。「ヴェローチェは「やめてください」、って言っているのに、しつこく誹謗中傷を続けるクレイマー」って図式にしたいのでしょう? 本当ならまともなオーバーホールや修理をして、お客との信頼関係を築くべきではないんですか? 何度も書きますが、4ヶ月間修理を放置し、2ヶ月後の年内に修理は終わると言っておきながら修理終了予定の年内から3ヶ月経ってからメール一本しか寄越さず、さらに車を預けて一年以上経ってヴェローチェに「どうなりましたか?」とメールすると、「松本自動車に聞いてください」「(ぼくは読んでいませんがメカニックは仲間ですから悪口は)やめてください」ですからねぇ。修理終了予定から3ヶ月経っても修理が終わらないから、ブログに事の経過を書き始めたんですよ。つまり、ブログに書く前から修理を放置していたのは松本自動車です。すぐに壊れたり、修理を放置したことは事実であり、後にディーラーから松本自動車の整備工のウデが悪かったと教えてもらい、それも実証されました。そして修理を引き受けておきながら、「気に入らない」として修理を放置し、連絡をしないのは、不誠実だと言えるのではないですか? もとはと云えば、まともなオーバーホールが出来ず、さらに修理を放置した森氏に問題があると言えます。

大体、オーバーホールや修理をして、最初っから満足な結果を残せなかった上に修理をしない、そんな松本自動車の整備工を信頼できるわけがないでしょう。信頼関係を壊したのは松本自動車の整備工です。

例えばレストランで腐ったものを出して客が食中毒になったとして、それをブログに書いたら「口が軽い」「余計なこと書きやがって」って考える方がおかしいんじゃないんですか? まずは食中毒を出して苦しんだ客に謝罪すべきじゃないんですか? 松本自動車はそんなことさえ出来ないのに、信頼できますか? それをブログに書いたからだなんて、逆恨みもいいところ。そして時系列から、修理を放置していたのは、ブログで松本自動車や整備工の名前を出す前です。

以前も書きましたが、腹腔鏡手術のミスで八人の患者を死に至らしめた(実は十数人とも)群馬大学医学部附属病院の医師の名前を、群馬大学は頑として公表しませんでした。もし手術を受けるとして、あなたはその医師に手術をしてもらいたいですか? 名前が分からないとは、医療ミスをした医師に手術をされる可能性が出てくる、と云うことです。400万円払ってオーバーホールしてすぐに壊れても修理ミスですぐに壊れてもかまわないなら、森氏に修理してもらえばいいでしょう。けれど、そんなボンクラ整備工の名前を知ってそこに頼むのを避けたい方もいるんじゃないですか? ですから、ぼくは他のランボルギーニ・オーナーのために整備工の名前を書きました(直後から誹謗中傷嫌がらせコメントが毎日何通も来るようになりました)。あなたは整備ミスをした整備工について書いたことを「誹謗中傷だ」「名誉毀損だ」「罵倒だ」と主張しますが、医療ミスをして八人を殺した実力の無い医師・群馬大学について書いても、「誹謗中傷だ」「名誉毀損だ」「罵倒だ」と主張するのですか?


「自称・当事者ではない」はずのあなたが、「もはや連絡は来ない」とわざわざぼくに言ってくること自体がおかしいんじゃないですか? どうしてぼくに「(ブログで公開するから)連絡が来ない」と自分で結論(決定?)した事を言ってくるのか。あなたが結論付けたことをぼくに言われても分かりませんから、それが松本自動車としての決定したことではないのなら、松本自動車に本当の理由を直接訊いてみたらいかがですか?

「来るはずも無い連絡が来ないことに不満を漏らし、進展しない整備(←「整備」ではなく「再修理」です)にイライラを募らせ、アンチの書き込みに感情を高ぶらせて松本自動車を攻撃し次第にそれらがエスカレートして周りが見えなくなっています。」

そうだとしたら、ヴェローチェに「早くしろ」って言っています。ぼくは他のランボルギーニ・オーナーのために情報発信をしています。それが他の華やかなランボルギーニ・オーナーのブログとの違いです。ですから基本的に、「早くしろ」「安くしろ」と一度も言ったことはなく、言わなければどのような経過になるかを書いています(それと福野礼一郎氏の本に「早くしろ」「安くしろ」とは言わない方が良いと書いてあったからでもあります)。それなのにこんな的外れな「ご意見」を語られてもねぇ。ここ最近写真も張り付けないようなこんなブログは、松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに答えることにより成り立っているんですよ。それに、「バカ」「アホ」「マヌケ」などと感情的な単語を書いてくるのは、松本自動車とフユカイな仲間たちの方です。

「他の整備工場の「うちではそんな整備はあり得ない」とのコメントを出して自分を擁護していますが、あなたの言葉であなたの立場からの経過と顛末を聞かされれば、誰でもそう答えておいた方が無難です。

「誰でも」「無難」と述べているところから、他の修理工場も全て適当な整備をしていていながら「うちはそんなことはありません」と言っている、ってことですよね?

あなたは、真面目に整備している整備工場の方々ををバカにしています。松本自動車に預ける前にはヴェローチェの指示で何軒もの整備工場に車を預け、その工場の方とお話しましたが、どこも何重ものチェックをし(時には別の方がチェックしたり)、イグナイターを交換しただけでもテスト走行に行き、ネジはタップを切り直したりしていました。少なくとも工具をそこらへんの床に放置したり、マニュアルも見ないなんてあり得ません。

ただ、それでも人間だからミスはあるでしょう。それに対してどうするか、で、人間性が現れるのではないですか? 松本自動車は、最悪の選択「(ミスがあっても)うちはノークレームで修理した」と主張しており、ヴェローチェも、最初は無償修理をしましたが、次は整備工のミスだとしても「うちも商売だから」と無償修理を拒否しました。さらに森氏はセンサーのコードをぶった切って返しました。このことをブログに書くと、あなたは、「口が軽いから話せない」「誹謗中傷だ」と云う主張なんですね。

「逆に松本自動車の意見を聞けばこのブログの内容とは真逆な見方があるものです。物事の真実は片方の言い分だけでは無く、両者の言い分を公平に聞くことで真実が見えてきます。」

あら、松本自動車の主張はコメント欄にいっぱい載っているではないですか。それでも不足なら、直接松本自動車に事の顛末を訊いてください。わざわざぼくのブログに長文コメントを書いて寄越すくらいですから、そのくらいは可能でしょ? 特に、ディーラーの整備士から笑われるような修理をしていて恥ずかしくないのか、センサー・コードをぶった切って返したりして、バレないと思ったのか、などなど、直接訊いてみてください。


それでは「フェラーリ乗り」さん(←名前を何度か変えてますが次回はどうするんでしょうか)、よろしくお願いします。



松本自動車とフユカイな仲間たちからのコメントはまだまだたくさんありますので、次も答えていきたいと思います。




リチャード・ダッドはイギリス生まれの画家です。

生年月日は1817年8月1日。つまり、今年は生誕200周年の記念年になります。

波乱万丈の人生を送った画家は多いのですが、リチャード・ダッドはその中でも群を抜いて惨めな人生を送りました。

若くして才能を発揮したダッドは24歳の時にお金持ちのお抱え画家としてヨーロッパ及び中東旅行に随行しますが、「このままではおかしくなる」と感じて旅の途中で自宅に戻ります。

25歳の時に父親と散歩中、一緒に歩いている男は父ではなく、父に化け、悪魔に憑依されている何者かだと思い、憑りついた悪魔を殺すため、刺し殺し、フランスに逃亡します。

そこで偶然乗り合い馬車の中に、彼が暗殺を目論むオーストリア皇帝(と思い込んだ男)を見つけ、殺そうとしたところを取り押さえられ、精神病院に入れられました。

彼はその後死ぬまでの40年以上を精神病院で過ごします。

ただ、病院長の計らいで病院内で絵を描くことができました。

代表作は「妖精のきこりの見事な一撃」。彼はこの小さな絵に実に9年もかけます。なお、彼が精神病院内で描いた絵は伝説や神話をモチーフにしたものではなく、全てがダッドの想像の産物です。

この狂った画家は日本では顧みられることはほとんどなく、ぼくの知る限りでは「リチャード・ダッド展」が催されたことはありません。

今年は生誕200年ですからね~、松涛美術館か府中市美術館あたりでやってくれることを期待していたのですが…



それではいつものように、松本自動車とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントに答えていきましょう(^-^)v



まずは「自分達のミスには言及しないずるさ」にいただいたコメントに対する回答から。

ランボさんから「『車好きなら整備内容や交換パーツの打ち合わせをするもの』とあるが、そこまで細かく作業指示をして修理を依頼する人っているの?」

はい、全ての部品を指定してエンジンのオーバーホールを依頼するような方は皆無でしょう。だってランボ仲間のほとんどは何番のプラグを使っているかとかご存知無いですし、それもこれも仕事が忙しくってほとんどお店任せになってしまっているからです。それに実際にエンジンを割って見たわけでもないのに、交換パーツの指定なんてどうやってするのでしょうねぇ。以前も書きましたが、そもそも松本自動車は91~93年式のディアブロのパーツカタログもワークショップマニュアルも持っていませんし、持っているディアブロのパーツカタログ(或いはワークショップマニュアルのどちらかのみ)さえ、封を開けていない状態です。松本自動車にパーツカタログが無いのに、交換パーツの打ち合わせをどうやってするのでしょうねぇ。

つまり、ランボさんのおっしゃるとおり、そんなシトはいないし、無責任な松本自動車ではお客さんからそんなこと一度も言われたこともないから初期型ディアブロのパーツカタログもワークショップマニュアルも持っていないんでしょう。

それに指定したクーラントさえ使わないくらいのボンクラ修理工です。指定したとおりにやれない?(やらない?)でしょう。



「これだけ素晴らしいコメントされたらアホのさんじやく坊主(原文のまま)反論できないんでは。アキハバラ通いがお似合いですよ坊主さん。」

あまりにも意味不明なコメント以外は、基本的にきちんと反論していますが? それよりこちらの反論に対しては逃げ回って完全沈黙のようですが、それは「ぐぅ」の音も出ないからですか?

「アキハバラ通いがお似合い」とは、恐れ入ります。お金がなくてここ数年行ってないんですけれどね~( ´_ゝ`)


「この手のマヌケな自尊心バカの同類はヲタ世界には掃いて捨てる程居るよ」

「ボンクラ整備工」や「無責任修理工場」の烙印を押されて自尊心を傷つけられ、怒りに任せて散々不思議で間違いだらけの日本語を使って必死に誹謗中傷嫌がらせコメントを送りつけているあなた方こそ「自尊心バカ」と呼べるのでは?

2ちゃんねるを見ると、ヲタはみんな結構自虐的で、「自尊心」なんて持ち合わせていないようですけれどね。

「こいつはよく居るありふれた自尊バカだから、マトモな意見には全く反論出来ないだろ、アホだから」

自尊心があると、どうして反論できないと言えるのですか? あなたはその「アホ」に反論されて、全く言い返せずに沈黙するか話を反らすしか出来ないようですけれどね。

「あんた誰だか判らないネットのコメンテーターに要求もくそもないでしょ
答えられるわけねーじゃん」

つまり、匿名で誹謗中傷嫌がらせコメントを送るのは、あなたがクズ或いは松本自動車の関係者だからで、だから教えられないんですよね? 関係者しか知らないこと、整備工場しか知らないことを書いておいて、「誰だか判らない」とは往生際が悪い。

「正論」だと言うのなら、ブログのコメント欄に誹謗中傷嫌がらせコメントをせず、堂々と直接話したら如何ですか? ぼくの名前も職業も容姿もご存知の様ですから、ツーリングで物陰からこそっと見てないで。少しはヴェローチェを通じて知っているみたいですし。ヴェローチェの口の軽さには困ったものです。「あ、この車は獣医の野村先生のディーノ」とか「ランボルギーニ・オーナーズ・クラブの会長さんは○○屋さん」とか聞いてもいないのに教えてくれました。個人情報保護法には詳しくないようですな。いや、10年以上昔は甘かったんですかねぇ。

まだまだ自動車関係者とフユカイな仲間たちからの誹謗中傷嫌がらせコメントはたくさん来ているので、たとえ松本自動車側が誹謗中傷嫌がらせコメントをぼくに送りつけるのは会社にとって不利益となる、と分かり、さらに反論も出来ずに逃げることを決めても、全てに答えるまでは続きます。




 | BLOG TOP |  NEXT»»